言語文学コース
Linguistics and Literature

ことばを通して人間を理解する

「ことば」は人々のコミュニケーション手段であり、思考の道具でもあります。言語・文学コースでは、ことばの歴史と仕組みを時代(古典から現代まで)・地域(日本・中国・西洋)で対照しつつ考究し、ことばで表される思想・文学を各種メディア(言語・映像・情報)で分析する授業が展開されます。

コースの授業例
ことばの歴史と仕組みに向き合いながら探求したい文学研究を盛り込む事も可能。

担当研究室

欧米文学研究室

西洋古典文学・フランス文学・ロシア文学・英語圏文学を読みながら、語学だけでなく広く文化表象を読み解くリテラシーを高めます。

研究室・教員
  • 瀬名波 栄潤 教授 SENAHA Eijun
    研究分野: 英米文学、英語圏文学、ジェンダー・セクシュアリティ研究
  • 竹内 修一 教授 TAKEUCHI Shuichi
    研究分野: フランス現代文学
  • 竹内 康浩 教授 TAKEUCHI Yasuhiro
    研究分野: アメリカ文学
  • 戸田 聡 教授 TODA Satoshi
    研究分野: 古典文献学(特に古代ギリシア語文献学)、古代キリスト教史
  • 宮下 弥生 助教 MIYASHITA Yayoi
    研究分野: Shakespeare劇、物語理論、中世英文学
卒業論文テーマ
  • Guosts and Sounds in Carson McCuller’s The Member of the Wedding
  • タチヤーナ・トルスタヤ論
  • “Nothing stands still, except in our memory”: Saving Shelter in Philippa Pearce’s Tom’s Midnight Garden
  • Walden as the Philosophical Bible of Life
  • イワン・ツルゲーネフ『初恋』再読
  • Illusive Hope: Symbolism of Mutability in the World of Kazuo Ishiguro
  • 虚構としての戦争とその語り-ロシアの戦争短編小説から考える-
  • To Live Next to Death: Fragments of the War in J.D. Salinger’s The Catcher in the Rye

日本古典文化論研究室

上代・中古・中世・近世の文学および文化を対象とし、多様な視点から理解をめざします。

研究室・教員
  • 金沢 英之 教授 KANAZAWA Hideyuki
    研究分野: 上代文学
  • 後藤 康文 教授 GOTO Yasufumi
    研究分野: 平安時代物語文学
  • 冨田 康之 教授 TOMITA Yasuyuki
    研究分野: 近世演劇
  • 野本 東生 准教授 NOMOTO Tosei
    研究分野: 中世説話文学
卒業論文テーマ
  • 『土佐日記』研究
  • 明恵上人と『夢記』-冥顕論と春日明神をめぐって-
  • 「中世文学における怪異譚-『今昔物語集』巻二十七第三十一話を中心に-」
  • 近松浄瑠璃の研究-『丹波与作待夜の小室節』と歌舞伎の関連-
  • 平田篤胤の幽冥思想
  • 『古今和歌集』「四季歌」の研究

中国文化論研究室

中国の思想、言語、文学などをはじめ、中国および漢字文化圏に関する幅広いテーマを学習・研究することができます。

研究室・教員
  • 近藤 浩之 教授 KONDO Hiroyuki
    研究分野: 中国古代思想、易学思想史
  • 𢎭 和順 教授 YUHAZU Kazuyori
    研究分野: 中国古代学術思想
  • 武田 雅哉 特任教授 TAKEDA Masaya
    研究分野: 中国文化、文学、芸術
  • 田村 容子 准教授 TAMURA Yoko
    研究分野: 中国演劇、中国文学
卒業論文テーマ
  • 『論語と算盤』における『論語』解釈―原義と現代的意義
  • パンダを考える
  • 『元秘抄』にみる菅原氏の生存戦略
  • 革命現代京劇『海港』論
  • 『金瓶梅詞話』における女性と飲酒
  • 『墨子』における鬼神について

映像・現代文化論研究室

日本の近代・現代の文学全般、日本および世界の映画を中心として、広く現代の映像・表象・思想を理論的・具体的に追究します。

研究室・教員
  • 阿部 嘉昭 教授 ABE Casio
    研究分野: 映画・サブカルチャー研究、詩歌論
  • 応 雄 教授 YING Xiong
    研究分野: 映像表象論
  • 押野 武志 教授 OSHINO Takeshi
    研究分野: 日本近代文学、表象文化論
  • 中村 三春 教授 NAKAMURA Miharu
    研究分野: 日本近代文学、比較文学、表象文化論
  • 水溜 真由美 教授 MIZUTAMARI Mayumi
    研究分野: 近現代日本思想史、ジェンダー研究
  • 小川 佐和子 准教授 OGAWA Sawako
    研究分野: 映画史、音楽劇研究
卒業論文テーマ
  • 鈴木清順監督作品における「宙吊り」論再考
  • ジェンダフリーバッシングと性教育
  • 阿部共実研究
  • 教師と生徒の恋愛ドラマ論―野島伸司『高校教師』と遊川和彦『魔女の条件』を中心として―
  • 穂村弘論
  • 第一次世界大戦を題材にした英国戦争記録映画―観客の需要と制作意図について―
  • 宮澤賢治『春と修羅』論―テクストの二重性―
  • 道尾秀介論
  • アニメにおけるコンピュータグラフィックス化
  • 江戸川乱歩の変格探偵小説研究
  • ジョージア映画におけるモチーフ論
  • 井上ひさし『ムサシ』論

言語科学研究室

言語の科学としての言語学の方法論で、日本語、英語、ドイツ語、フランス語、ロシア語、朝鮮語、アイヌ語などを深く学びます。

研究室・教員
  • 李 連珠 教授 LEE Yeonju
    研究分野: 言語学、韓国語学、日本語学、音声学、音韻論(特にアクセント論)、日韓語対照研究
  • 加藤 重広 教授 KATO Shigehiro
    研究分野: 言語学、日本語学、語用論
  • 佐藤 知己 教授 SATO Tomomi
    研究分野: 言語学、アイヌ語、北方言語
  • 野村 益寛 教授 NOMURA Masuhiro
    研究分野: 英語学、認知言語学、意味論
  • 藤田 健 教授 FUJITA Takeshi
    研究分野: フランス語学、ロマンス語学、統語論
  • 清水 誠 特任教授 SHIMIZU Makoto
    研究分野: ドイツ語学、ゲルマン語学
  • 菅井 健太 准教授 SUGAI Kenta
    研究分野: ロシア語学、スラブ語学
  • 蔦 清行 准教授 TSUTA Kiyoyuki
    研究分野: 国語学、文献学、歴史言語学
卒業論文テーマ
  • 日本語とフランス語における読み上げ音声の対照研究
  • Relationship Between Musical Ability and Differentiation of English Pronunciations
  • 現代日本語における類義形容詞の研究
  • The Meaning of the Progressive Form of Verbs of Attitude in SNS and the Spoken Data of Corpora
  • 北海道千歳方言のアクセントについて
  • ドイツ語命令文における心態詞について
  • ツッコミ型表現の語用論的考察―「~か」を中心に
  • Inter-lingual Differences in Sound-symbolic Effects in Pokémon Names and the Influence of Word-initial Consonants
  • スペイン語の前置詞paraとporについて
  • 札幌方言形容詞アクセントのゆれの様相-若年層を対象に-
  • ドイツ語のオノマトペについて
  • A Comparative Study of Figurative Expressions Used in Tanka between the Japanese Originals and the English Translations
  • 札幌方言の数詞のアクセント
  • 現代日本語における慣用句の変化~二つのパターンを対照して~
  • Yes-No疑問文への返答システム:イタリア語と日本語の事例から
  • 借用語から見る「形容動詞」

教員から

本を開くことは世界への扉を開くこと—異文化に触れる喜び
映像・現代文化論研究室 小川 佐和子 准教授

パラジャーノフの映画の舞台を訪ねてアルメニアの山奥へ

小説や舞台、映画、アニメ、漫画を読んで、見て、感動したり、あるいはシラけたりしたとき、その心の触感を掘り下げていくのが本コースです。母語と外国語の仕組み、日常会話から時空間の越境まで、作品や言語を通じて人々のささやかな営みと世界や文化といった大きな枠組みを同時に視野に入れて探求していきます。作品分析とその背景知識、諸言語と思想・文化を専門的に学んで価値観を相対化し、好きな作品や苦手だけれど気になる作品の大海に、一緒にもぐってみませんか。うまく泳ぐのも、地上から眺めるのも、ときには溺れても、世界を知るための大切な体験となるでしょう。