免許資格の取得

文学部で取得できる免許・資格

文学部では、中高教員免許状の他、美術館・博物館・資料館などの学芸員資格、また、社会調査士の資格も取得できます。資格を持っていると、進路を決める際に選択肢が大きく増え、可能性の幅が広がります。免許・資格の取得には所定単位の修得が必要です。カリキュラムを計画的に組み立て、単位の取りこぼしがないように気をつけましょう。

教育職員免許状

中学校・高等学校の教員になるには、教育職員免許状が必要です。この免許状を取得するために開設されているのが教職課程です。教職課程の履修を通して、教育の基礎理論の他、生徒への指導や相談方法など教員に必要な知識や技能を学んでいきます。このため、卒業に必要な単位より多くの単位を修得する必要があります。教育実習も必修です。

文学部で取得できる〈教育職員免許状〉一覧(平成30年4月以降入学者)
  • 中学校教諭一種免許状[国語、社会、英語]
    平成29年度の北大文学部生 取得数 15件
  • 高等学校教諭一種免許状[国語、地理歴史、公民、英語]
    平成29年度の北大文学部生 取得数 34件

※教職免許については、現在再課程認定申請中につき、文部科学省における審査の結果、開設時期及び免許状の種類が変更となる可能性があります。

学芸員

学芸員とは、「博物館法」に定められた博物館(美術館、科学館、動植物園、水族館などを含む)に勤務する専門的職員です。

主な仕事は、専門分野の調査・研究、資料の収集・整理・保管・展示、利用者へのアドバイス、地域住民に対する社会教育・生涯学習の指導・助言等。他に博物館の運営等の業務もあり、博物館全般の業務をこなします。

法令の定める「博物館に関する科目」を修得し、かつ学士の学位を有することで学芸員になるための資格が得られます。

  • 平成29年度の北大文学部生 取得数 14件

社会調査士

社会調査士資格には、「社会調査士」と「専門社会調査士」の2種類があります。どちらも社会調査の知識や技術を用いて、世論や市場動向、社会事象等をとらえることのできる能力を有する〈調査の専門家〉のことです。

文学部では、「社会調査士」資格取得のために必要な科目(社会調査協会・標準カリキュラムに準拠)を設置しています。「専門社会調査士」は大学院修士課程修了で取得することができます。

  • 平成29年度の北大文学部生 取得数 7件

文学院で取得できる免許・資格

文学院では、中高専修教員免許状の他、美術館・博物館・資料館などの学芸員資格、また、専門社会調査士の資格も取得できます。資格を持っていると、進路を決める際に選択肢が大きく増え、可能性の幅が広がります。免許・資格の取得には所定単位の修得が必要です。カリキュラムを計画的に組み立て、単位の取りこぼしがないように気をつけましょう。

教育職員免許状

中学校・高等学校の教員になるには、教育職員免許状が必要です。この免許状を取得するために開設されているのが教職課程です。一種免許状を取得している場合、大学院修士課程において開講される免許法で定められた必要単位を修得することで、専修免許状を取得することができます。

文学院に所属する学生が取得できる〈教育職員免許状〉(平成30年4月以降入学者)
  • 中学校教諭専修免許状[国語、社会、英語]
  • 高等学校教諭専修免許状[国語、地理歴史、公民、英語]

学芸員

学芸員とは、博物館法に定められた博物館(美術館、科学館、動植物園、水族館などを含む)に勤務する専門的職員です。

主な仕事は、専門分野の調査・研究、資料の収集・整理・保管・展示、利用者へのアドバイス、地域住民に対する社会教育・生涯学習の指導・助言等。他に博物館の運営等の業務もあり、博物館全般の業務をこなします。

法令の定める「博物館に関する科目」を修得し、かつ学士の学位を有することで学芸員になるための資格が得られます。

社会調査士

社会調査士資格には、「社会調査士」と「専門社会調査士」の2種類があります。どちらも社会調査の知識や技術を用いて、世論や市場動向、社会事象等をとらえることのできる能力を有する〈調査の専門家〉のことです。

社会調査士資格には、学部卒業レベルの〈社会調査士資格〉と、大学院修士課程修了レベルの〈専門社会調査士資格〉があります。このうち〈専門社会調査士資格〉は、社会調査に関するより高度な専門知識、技能、倫理観、実践的能力の修得を必要としています。