言語科学講座

言語を科学的に捉える視点から、一般言語学と個別言語学について、記述的、理論的、実証的、応用的な研究を行います。英語、ドイツ語・ゲルマン語、フランス語・ロマンス語、ロシア語・スラブ語等のヨーロッパ系言語学、朝鮮語やアイヌ語を中心とするアジア系言語学、国語学、日本語学などの個別言語学のほか、言語学の多様なアプローチでことばを研究しています。歴史言語学や社会言語学、音声・音韻・形態・統語・意味・語用の全般に関して言語現象を広く多層的に学びます。

言語科学研究室

言語科学研究室では、言語の構造と運用に関して一般言語学と個別言語記述の立場から理論的、実証的、応用的な研究を行います。日本語(国語学・日本語学)、英語、ドイツ語・ゲルマン語、フランス語・ロマンス語、ロシア語・スラヴ語、朝鮮語、アイヌ語を中心に、関連領域を含む多様な言語研究を高度に展開するための指導体制を整えています。

研究室からのメッセージ

地球上には約6千の言語があるとも言われ、そのすべての話者集団が長い営みの中で、かけがいのない固有の言語文化を育んできました。言語研究の歴史は何千年も前にさかのぼりますが、19世紀を淵源とする近代言語学以来、実に多様な方法論が提案され、実践されています。現代の言語学は、個人単位で鳥瞰できないほど広大な領域に及んでいる一方で、どんな微細な現象の分析であっても、一般言語学的な視点が欠かせないことも事実です。日本の大学の多くは、国文科や英文科のように個別言語を単位とする組織に分散しているのが実情です。本学の言語科学研究室は、そうした枠を取り払い、言語学を探求するさまざまな個別言語と方法論の専門教員の相互協力によって運営されています。留学生が多く、国際性に富んでいることも大きな特色です。学部から博士課程までの学生による合同研究発表会も定期的に開催し、学生と教員の交流にも積極的に努めています。

教員紹介

  • 加藤 重広 教授 KATO Shigehiro
    研究分野: 言語学、日本語学、語用論
  • 佐藤 知己 教授 SATO Tomomi
    研究分野: 言語学、アイヌ語、北方言語
  • 清水 誠 教授 SHIMIZU Makoto
    研究分野: ドイツ語学、ゲルマン語学
  • 野村 益寛 教授 NOMURA Masuhiro
    研究分野: 英語学、認知言語学、意味論
  • 藤田 健 教授 FUJITA Takeshi
    研究分野: フランス語学、ロマンス語学、統語論
  • 李 連珠 准教授 LEE Yeonju
    研究分野: 言語学、韓国語学、日本語学、音声学、音韻論(特にアクセント論)、日韓語対照研究
  • 菅井 健太 准教授 SUGAI Kenta
    研究分野: ロシア語学、スラブ語学
  • 藤本 純子 助教 FUJIMOTO Junko
    研究分野: ドイツ語教授法、異文化コミュニケーション
主な講義題目
  • アイヌ語学の諸問題
  • 日本語研究のトピックス
  • 日韓対照研究
  • 認知言語学研究
  • ドイツ語学・ゲルマン語学演習
  • ロシア語学・スラブ語学の諸問題
  • ロマンス語統語論研究
修士・博士研究テーマ例
  • 観智院本『類聚名義抄』の問題訓について ―和訓を中心に―
  • A Corpus Study of Pragmatic Functions of Discourse Marker Like
  • 「も」の文法的特性と語用的機能に関する研究