人間科学コース
Human Sciences

人間の行動や 社会のしくみを解き明かす

データの分析に基づいて、人間の行動や社会の仕組みを、実証的視点から理解することを目的としています。このコースでは実験、調査、研究法などの科目が課され、心理学、社会学、行動科学、社会生態学、地理学などに関連するカリキュラムが含まれます。

コースの授業例
実験や調査、データ解析を通じて課題を解明。
文献読解やプレゼンでコミュニケーション力もUP。

行動科学関連諸分野の主要な研究テーマと研究方法の概要を学ぶ。[行動科学実験実習]
行動科学関連諸分野の主要な研究テーマと研究方法の概要を学ぶ。[行動科学実験実習]
格差社会の実態をデータに基づいて考える。[社会学演習]
生物多様性の保全について、人間の視点から学ぶ。[社会生態学]

担当研究室

心理学研究室

実験・調査によって収集したデータの分析に基づいて、人間の行動や、それを司る脳機能の仕組みを、実証的視点から学びます。

研究室・教員
  • 安達 真由美 教授 ADACHI Mayumi
    研究分野: 音楽心理学(聴取、演奏、感情・表現、コミュニケーション、発達)
  • 川端 康弘 教授 KAWABATA Yasuhiro
    研究分野: 認知心理学(色覚、感性、知識、熟達)
  • 和田 博美 教授 WADA Hiromi
    研究分野: 発達神経行動毒性学
  • 小川 健二 准教授 OGAWA Kenji
    研究分野: 認知神経科学(特に運動学習や社会認知)
  • 河原 純一郎 准教授 KAWAHARA Jun-ichiro
    研究分野: 認知行動科学(注意、記憶、魅力、ストレス、広告、産業応用)
  • 森本 琢 助教 MORIMOTO Taku
    研究分野: 認知心理学(クロスモダルな情報処理過程、記憶、心的イメージ)
卒業論文テーマ
  • リズミックな聴覚刺激が視覚的反応動作に及ぼす影響
  • Association between cue lead time and the template -for- rejection effect
    (ネガティブテンプレートと先行手がかり時間の関係)
  • 授乳期のアルコール摂取がラットの空間記憶に及ぼす影響
  • Attentional bias toward negative faces of photographs and cartoons
    (ネガティブな顔写真と漫画顔への注意バイアス)
  • 音楽の印象がアマチュアダンサーの表情や動作に与える影響:競技ダンスに焦点を当てて
  • 視覚的視点取得と心の理論に共通する神経基盤の検討
  • 運動がラットの不安様・うつ様行動に及ぼす予防的効果の研究
  • 色彩が見かけ上の軽重感にもたらす影響
  • 運動野のニューロフィードバックと自己効力感の関係
  • 時間知覚における色刺激の反復効果と順応効果

行動科学研究室

社会心理学・進化心理学・文化心理学・行動経済学・神経科学・比較認知科学などを通じて、人や動物の心と社会との関わりを学びます。

研究室・教員
  • 大沼 進 教授 OHNUMA Susumu
    研究分野: 環境社会心理学、リスクガバナンス
  • 髙橋 伸幸 教授 TAKAHASHI Nobuyuki
    研究分野: 社会心理学
  • 結城 雅樹 教授 YUKI Masaki
    研究分野: 社会心理学、文化心理学
  • 高橋 泰城 准教授 TAKAHASHI Taiki
    研究分野: 行動科学、神経経済学
  • 瀧本 彩加 准教授 TAKIMOTO Ayaka
    研究分野: 比較認知科学
  • 竹澤 正哲 准教授 TAKEZAWA Masanori
    研究分野: 社会心理学、適応的意思決定、文化進化論
  • 中島 晃 助教 NAKAJIMA Akira
    研究分野: 応用統計学
卒業論文テーマ
  • ウマの社会的絆を支える要因に関する検討-同類志向の原理に着目して-
  • 群淘汰による協力の進化:空間構造の影響に関するコンピューターシミュレーション
  • ネガティブ状況・ポジティブ状況における羞恥の文化差とその原因-比較社会生態学的アプローチによる検討-
  • 「あなただからこそ」の信頼は返報性を高めるのか?-一回限りの投資ゲームを用いた実験的検討-
  • 利害の異なるステークホルダーの共通目標共有化を通じた合意形成過程-風力発電交渉ゲームを用いた検討-
  • 未来志向性と環境政策支持・環境配慮行動の関連-第2次札幌市環境基本計画策定過程における調査-
  • 身体活動量と遅延報酬の価値や確率・待ち時間の知覚の関係に関する行動経済学的研究
  • どのようなサンクション行使者が好かれるのか?-複数の選択肢がある状況での検討-
  • 格差を経験すると他者を信頼できなくなるのか?-社会的交換ネットワークを用いた実験的検討-
  • 母ウマにおける子ウマへの愛着とオピオイド受容体M1遺伝子多型の関連
  • 教育が累積的文化進化に与える影響:コンピュータシミュレーションを用いた検討
  • Facebookにおける自己誇示の日米比較-関係流動性を用いた社会生態学的分析-
研究室ウェブサイト

社会学研究室

社会の仕組みとその変化を、個人との関係から読み解いていくのが社会学で、その方法(聞き取りや大規模調査など)も学びます。

研究室・教員
  • 櫻井 義秀 教授 SAKURAI Yoshihide
    研究分野: 宗教・文化社会学、タイ地域研究、東アジア宗教研究
  • 平澤 和司 教授 HIRASAWA Kazushi
    研究分野: 社会学(特に教育、家族、社会階層)
  • 樋口 麻里 准教授 HIGUCHI Mari
    研究分野: 社会的排除論、福祉・医療社会学、家族社会学、国際比較、社会調査法
  • ホメリヒ・カローラ 准教授 HOMMERICH Carola
    研究分野: リスク社会、社会関係資本、幸福度、国際比較
卒業論文テーマ
  • シングルマザーは不幸か-主観的ウェルビーイングの規定要因に関する質的研究
  • 日本における樹木葬という選択-千葉県袖ケ浦市真光寺の樹木葬会員への調査から-
  • 反抗期のない若者-男子大学生に焦点を絞って-
  • 精神疾患の診断と家族関係の変容
  • 高齢化社会の中の教会
  • 中国農民合作社における統治機構の差異はなぜ生じるのか-34合作社の調査結果を用いて-

地域科学研究室

地域社会学・人文地理学・社会生態学という分野をベースに、フィールドワークを主体として多様な地域問題への対応を学びます。

研究室・教員
  • 池田 透 教授 IKEDA Tohru
    研究分野: 保全生態学、侵入生態学(外来種管理)、野生動物管理学、ニュージーランド地域研究、社会生態学
  • 橋本 雄一 教授 HASHIMOTO Yuichi
    研究分野: 都市地理学、地理情報科学(GIS)
  • 宮内 泰介 教授 MIYAUCHI Taisuke
    研究分野: 環境社会学、地域社会学、開発社会学
  • 笹岡 正俊 准教授 SASAOKA Masatoshi
    研究分野: 環境社会学、ポリティカル・エコロジー論、インドネシア地域研究
  • 仁平 尊明 准教授 NIHEI Takaaki
    研究分野: 人文地理学、農業地理学、地誌学
  • 林 琢也 准教授 HAYASHI Takuya
    研究分野: 人文地理学、観光地理学、農村地理学
  • 立澤 史郎 助教 TATSUZAWA Shirow
    研究分野: 保全生態学、環境教育論、シベリア地域研究
卒業論文テーマ
  • 日本の漁業者による国際水産認証制度活用の現状と今後の展望-北海道産ホタテの事例を中心に-
  • 小さな銭湯の存在意義と可能性―銭湯にある「共」的社会関係に着目して―
  • 北海道北部における小売環境に関する地理学的研究
  • 小樽市の津波および土砂災害に関する防災と課題
  • 野宿をすること,続けること ~元野宿者Aさんのライフストーリー研究~
  • 小水力発電が地域に果たす役割とその展望-北海道富良野市麓郷の事例から-
  • 絶滅危惧種の新たな個体群確立における地域住民の役割に関する一考察
  • 野生生物の保護と管理に関する社会生態学的研究
  • GPSテレメトリデータによるアライグマのハビタット解析
  • 天然記念物の現状と課題~九州北部におけるカササギ(Pica pica)の事例から~
  • 北海道十勝地方におけるグリーンツーリズムの展開
  • 起業を伴う農村への移住行動に関する研究

教員から

人と社会の相互関係を学ぶなら、日本ではダントツの教育研究環境
行動科学研究室 大沼 進 教授

人と社会の相互関係を理解することは、人文・社会科学の究極の目標の一つといえます。人間科学コースでは、社会心理学、心理学、社会学、地理学、社会生態学、地域科学、認知科学、行動科学など、人と社会の関係に関する実証研究の最先端を学べます。このコースを担う研究室は、ここ10年余で文科省が推進する多くの主要な大学院教育改革プログラム(21世紀COE、グローバルCOE、卓越した大学院教育拠点形成など)の拠点として選定され、成功例として高い評価を得てきています。ここにくれば、学部生のうちから、最強のスタッフ陣とともに、単に教科書を学ぶだけでなく、教科書を書き換えるほどの研究活動に加わることができます。