水溜 真由美

プロフィール

水溜 真由美 准教授 / MIZUTAMARI Mayumi
研究内容

『サークル村』を中心とする戦後文化運動。日本のフェミニズム思想。堀田善衞を中心とする戦後文学の思想的観点からの検討。

研究分野
近現代日本思想史、ジェンダー論
キーワード
思想、社会運動、ポストコロニアル、ジェンダー
文学研究院 所属部門/分野/研究室
人文学部門/表現文化論分野/映像・現代文化論研究室
文学院 担当専攻/講座/研究室
人文学専攻/表現文化論講座/映像・現代文化論研究室
文学部 担当コース/研究室
人文科学科/言語・文学コース/映像・現代文化論研究室
関連リンク

Lab.letters

Lab.letters 研究室からのメッセージ
映像・現代文化論研究室水溜 真由美 准教授

炭鉱で暮らした人々の
息吹を伝えるサークル活動

1950年代、国内の炭鉱では文学、合唱、演劇などの文化活動が盛んに行われ、地方色豊かなサークル誌も発行されていました。過酷な労働環境を世に訴えたいという炭鉱独得の題材も抱えつつ、活動内容は実に豊か。誌面からは当時を生きた人々の息吹が伝わってきます。

1958年には各地で活動するサークルのネットワーク化を目指して福岡県中間市で月刊誌「サークル村」が創刊。編集委員には谷川雁、森崎和江、上野英信らの知識人が名を連ねました。私がこうした研究を始めたのも、この森崎和江研究がきっかけ。出発地点を進んでいくうちに思わぬ道に分け行っていくのも文学研究の面白さなのかもしれません。

1960年5月に休刊した「サークル村」。詩や短歌、エッセイの他に「往復書簡」や「内政干渉」というコーナーもあった。
三井三池炭鉱宮原坑第2竪坑櫓。社宅(棟割長屋)でのコミュニティが確立されていた。

生きた証言、豊かな自然
北海道で得た視野の広がり

私が東京から北海道大学に赴任してきたのは2002年のこと。かつての炭都である夕張や美唄、歌志内を訪れ、当時を知る方々の貴重なお話をうかがうことができました。そうした機会を通じて自分の中に育まれていったのは、「地方」という新たな視点。中央では見えてこなかった地元への愛着や生き生きと時を重ねてきた人々の歴史が、北海道の美しい自然とともに心にせまってきました。北海道に来たことで視野の広がりを持てたことは、人生の大きな収穫。今後は武田泰淳や堀田善衞などの戦後派作家にも焦点を当て、さらなる寄り道を楽しんでいこうと思っています。

(聞き手・構成 佐藤優子)

メッセージ

「思想史」は地味な研究分野だと思います。「そもそも、深みのある価値ある思想の多くは敗者のものだという気がします。一般的な歴史学では「実際に起こったこと」を学びますが、「思想史」では別のものであり得た可能性を学びます。だからこそ、思想史を学ぶと歴史の見方が大きく変わります。歴史がどのような可能性を封じ込めてしまったのか知ることができるからです。・・・と言っても、それは歴史の禁じ手であるところの、単なる「if」ではありません。というのも、過去に作り上げられた思想は、テキストが残されている限り、確固とした構築物として存在していて、そして未来に向かって開かれているからです。

時間・空間を超えて、テキストを読み直しその可能性をくみ取るのは我々です。一緒に、過去の思想家が実存をかけて書き上げたテキストを丁寧に読み、その現代的な可能性を考えてみませんか。

研究活動

略歴

東京大学教養学部教養学科卒、同大学院総合文化研究科国際社会科学専攻修了、博士(学術)

主要業績

所属学会

  • 社会思想史学会
  • 「女性・戦争・人権」学会
  • 昭和文学会
  • 北海道大学国語国文学会

教育活動

授業担当(文学部)

  • 国文学演習
  • 日本思想

授業担当(文学院)

  • 現代表象文化論特殊講義
  • 現代表象文化論特別演習

授業担当(全学教育)

  • 共通科目(社会の認識)