校閲費支援FAQs

Q1 特殊な事情により、個人に校閲を依頼せざるを得ません。校閲費支援を受けることができますか?

A1 原則はできませんが、特例はあります。特殊な事情を説明する書類を申請書類とともに提出してください。研究推進委員会にて、その事情がやむを得ないと判断された場合には、支援を受けられる場合があります。

Q2 校閲終了が年度末になりそうです。請求書等の書類は、いつまでに提出すればよろしいですか?

A2 年度内に支払い手続きを完了するために、なるべく3月第1週までに提出してください。詳細につきましては、文学部・文学院・文学研究院会計担当にお問い合わせください。

Q3 校閲費支援を申請し、採択されましたが、事情により、校閲をとりやめることになりました。この場合、辞退の手続きはどのようにすればいいですか?

A3 速やかに、辞退する旨とその理由を記した辞退届を研究推進室にご提出ください。様式は自由です。

Q4 英語以外の言語に対する校閲費支援を受けることができますか?

A4 できます。ただし、日本語原稿は対象外です。

Q5 留学生なのですが、日本語論文の校閲費支援を受けることができますか?

A5 できません。その場合は、留学生対象の「日本語添削プログラム」または、ASB日本語添削支援*を利用してください。*指導教員が申請

Q6 見積をとったら校閲費が10万円を超えそうなのですが、どうすればよいですか?

A6 校閲の範囲を減らすなどして、10万円を超えないよう工夫してください。それでも難しい場合は、研究推進室にご相談ください。