修士課程

修士課程の標準的修学期間は2年間です。長期履修制度の場合は最長4年に延長することができます。入学時のガイダンスで授業の選択や履修上の説明を行い、その後、指導教員を決めます。修士課程修了所要単位数は30単位で、大きな要件として修士論文の執筆があります。修士論文は指導教員による個別指導を受けつつ執筆します。また、研究分野の諸教員との研究会、学会などにも参加することも重要な訓練の場となります。

2005年度からは、指導教員との相談の上で、修士論文を執筆する代わりに、特定課題研究を履修することができるようになりました。特定課題研究とは、設定された課題について研究し、定期的に成果を報告するとともに、修了年度の終わりには「特定課題研究成果報告書」を提出することが義務づけられたものです。

※募集人員、入学試験方法、募集要項等については、「文学院募集要項」をご覧ください。

スケジュール

詳細日程は行事予定表で確認してください。

入学前 6月 大学院進学説明会(北大・東京・大阪)
8月 修士課程入学試験(前期)願書受付期間
9月 修士課程入学試験(前期)
11・12月 大学院進学説明会(北大・東京)
1月 修士課程入学試験(後期)願書受付期間
2月 修士課程入学試験(後期)
入学年 4月 大学院入学式及びガイダンス、研究題目と指導教員の届出
 
修了年 11月 修士論文題目届提出締切
1月 修士論文提出締切
3月 学位記(修士)授与式

大学院入学に関するよくある質問