生活支援

北海道大学全体の支援

文学院・文学部独自の支援

文学院・文学部学生相談室

大学全体の学生相談室に加え、より身近に相談できる場として、文学院・文学部独自の学生相談室を設けています。相談日は週に2回、原則予約制です。

文学院・文学部学生相談室

留学生活に対する支援

国際交流室では、海外から文学院・文学部に留学してきた在学留学生に対して各種の生活支援を行っています。また、文学院・文学部から海外の大学に交換留学する学生に対して、派遣先大学で安心して生活できるように情報提供を行い、留学中の定期連絡を通してサポートを行っています。

国際交流室

JASSO大学院奨学金特に優れた業績による返還免除

制度の概要

大学院において第一種奨学金の貸与を受けた学生であって、その課程在学中に特に優れた業績を挙げた者として機構が認定した場合には、貸与期間終了時に奨学金の全部または一部の返還が免除される制度です。返還免除の認定は、大学院を置く大学の学長が学内選考委員会の審議に基づき推薦する者について、その専攻分野に関する論文その他の文部科学省令で定める業績を総合的に評価することにより行われます。

対象者

平成16年度以降の大学院第一種奨学金採用者で、令和2年度中に貸与期間が終了する(した)方(令和3年3月末までに辞退・退学等を予定する方も含みます)

申請書類等

提出期限

令和3年2月26日(金) 文学事務部教務担当窓口
(受付時間 8:30~12:00, 13:00~17:00, 郵送の場合は期間内必着)
※令和3年2月24日(水)及び2月25日(木)は、終日窓口業務を休止します。

■ 新型コロナウイルス感染症の影響により貸与期間中に業績を挙げること
ができなかった場合

令和2年度の業績優秀者返還免除制度の申請を希望していたものの、新型コロナウイルス感染症の影響による研究計画遅延等のため貸与期間中に業績を挙げることができなかった場合は、「特に優れた業績による返還免除」申請期間を延期する救済措置が設けられています。(令和3年度以降も引き続き同一の学籍で在籍する方に限ります。今年度退学(単位修得退学含む)や修了する場合は申請できませんのでご注意ください。)
希望する方は、2月10日(水)迄に文学事務部教務担当へご相談ください。

令和3年2月5日
文学事務部教務担当