校閲費支援

文学院では「共生の人文学」プロジェクト(Graduate Grant Program)として、校閲費支援を行っています。

校閲費支援は、国際学会・国際研究集会での発表および国際学術雑誌・文学部・文学院・文学研究院の英文ジャーナル等への投稿を積極的に支援するために、本学院所属の大学院生に対して発表原稿や投稿原稿の校閲(英文等の添削)料を支給するものです。

詳細

申請時期

いつでも申請可能です。審査は適宜行われます。必ず、校閲会社に依頼する前に申請してください。

申請について

  1. 支給対象は、国際学会・国際研究集会における発表(予稿集掲載の原稿のみ)、国際学術雑誌、本研究院の英文ジャーナル等です。私的な研究集会における原稿や、口頭発表用の原稿には支給しません。
  2. 支給額の上限は5万円とします。
  3. 申請様式を受理した後、研究推進委員会が審査し、支給の可否を判断します。
  4. 休学中の申請はできません。
  5. 支援回数に制限はありません。
  6. 校閲は校閲会社に依頼することとし,個人への依頼は原則として認めません。
  7. 校閲を依頼する会社のあてがない場合は,事前に研究推進室へご相談ください。

申請書類と提出先

校閲費支援を希望される院生の方は、以下の3点を(1点はメールで)、研究推進室までご提出ください。

入力例を参考に申請内容を入力して、ファイルをメールに添付して、研究推進室宛に送ってください。フォーマットは横に長いので、未記入の欄がないか、よく確認してください。

校閲費支援に関するよくある質問

校閲費支援FAQs

謝辞について

「共生の人文学プロジェクト」校閲費支援を受けた論文等が、雑誌等への掲載に採用された場合は、本プロジェクトの助成を受けたことを必ず表示してください。

また掲載後にその1部を研究推進室に提出してください(コピー、データファイル可)。

謝辞(Acknowledgment)の記載例

  • 英文
    This work was supported by Graduate Grant Program of Graduate School of Letters, Hokkaido University, Japan.
  • 和文
    本研究は北海道大学大学院文学院「共生の人文学」プロジェクトの助成を受けたものです。

お問い合わせ

文学研究院 研究推進室(研究棟203室)
TEL: 011-706-4083, 4023
Email: kenkyu*let.hokudai.ac.jp(*を半角@に変えて入力ください)