ごあいさつ

人間と社会をめぐる冒険―文学院における新たな人材育成

北海道大学文学部長・文学院長・文学研究院長
山本 文彦 やまもと ふみひこ

コミュニケーション分野での技術革新の進展や急速なグローバル化により,現代社会は急激に変化し,多くの価値観が併存する多面的で複雑な社会になりつつあります。北海道大学大学院文学研究科は,こうした新たな世界的な諸課題に立ち向かい,その解決に貢献する人材を育成するために,2019年4月より,教育組織と研究組織が一体であった「文学研究科」を大学院生が所属する教育組織としての「文学院」と教員が所属する研究組織としての「文学研究院」に分離し,人文社会科学の学際的・総合的な教育の展開を可能にしました。同時に,社会の新たな要請に応える大学院教育を,教員組織の再編を伴わずに迅速に行うことができるようになりました。

 

文学院では,人文学専攻と人間科学専攻の2専攻体制で教育を実施します。

人文学専攻は,これまでの3専攻(思想文化学専攻,歴史地域文化学専攻,言語科学専攻)を統合し,人文学の専門分野をより深く学ぶとともに,人文学の多様な分野を広く学ぶことができます。また,新しい4つの研究室(考古学研究室,文化人類学研究室,博物館学研究室,アイヌ・先住民学研究室)を設置することにより,学際的・総合的な学びを一層充実させています。

人間科学専攻は,これまでの人間システム科学専攻で蓄積した成果を土台にして,システム科学的手法を継承し,総合的科学としての人間科学を学ぶことができます。実験,実習,調査など多彩なフィールドワークを取り入れて,人間と社会に関する先端的で高度な学びを提供します。

文学院における教育研究は,人間と社会をさまざまな角度からそしてさまざまな方法によって解明することを目的としています。例えば,「人間とは何か」という問いを考えてみると良いかもしれません。哲学,歴史学,文学,言語学,心理学,社会学等さまざまな分野から,さらにはこれらの分野を融合した立場からもアプローチすることができます。同時に,この問いにはさまざまな回答が可能であり,ただ一つの絶対的回答はあり得ません。まさにこの点に文学院の教育研究の特色があります。人間と社会に関する数多くの問いとその回答をめぐって調査と議論が繰り返され,より説得力のある回答が提示されるとともに,そこからまた新たな問いが始まります。確かに,これらの問いは,すぐに私たちの生活に役立つものではないかもしれません。しかしこの問いに答える力は,未来社会を築くために必ず必要となる力だと思います。

文学院における教育研究は,現在の多面的で複雑な社会の中で,今後ますます重要性を増すことになるだろうと思います。現在,社会のさまざまな分野から,人文社会科学分野での人材育成に熱い期待が寄せられています。文学院の110名を超える教員は,多彩な分野の教育研究を通じて,この期待に応え,有為の人材を社会に輩出することを目指します。