行動科学講座

社会心理学・進化心理学・文化心理学・行動経済学・神経科学・比較認知科学など人間・社会科学諸領域で生み出された理論と方法を融合させ、「心と社会のマイクロ-マクロ関係」、すなわち人や動物の心とそれを取り巻く社会との相互影響過程に関する先導的研究を進めています。協力行動の適応的・神経科学的基盤、文化の生成と伝達、社会的意思決定、社会構造と心理の関連といった理論研究から、社会問題の解決や公共的意思決定といった実社会対応型まで、幅広い研究を行っています。

行動科学研究室

行動科学研究室は、社会心理学・進化心理学・文化心理学・行動経済学・比較認知科学・神経科学など人間・社会科学諸領域の理論と方法を融合させ、人や動物の心と社会との相互影響過程に関する先導的研究に取り組みます。専門に特化した内容はもちろん、指導教員以外からも深く幅広く学べる教育体制を整えています。

教員紹介

  • 大沼 進 教授 OHNUMA Susumu
    研究分野: 環境社会心理学、リスクガバナンス
  • 髙橋 伸幸 教授 TAKAHASHI Nobuyuki
    研究分野: 社会心理学
  • 結城 雅樹 教授 YUKI Masaki
    研究分野: 社会心理学、文化心理学
  • 高橋 泰城 准教授 TAKAHASHI Taiki
    研究分野: 行動科学、神経経済学
  • 瀧本 彩加 准教授 TAKIMOTO Ayaka
    研究分野: 比較認知科学
  • 竹澤 正哲 准教授 TAKEZAWA Masanori
    研究分野: 社会心理学、適応的意思決定、文化進化論
  • 中島 晃 助教 NAKAJIMA Akira
    研究分野: 応用統計学
主な講義題目
  • 現代社会心理学の動向
  • 比較認知科学の最前線
  • 文化と集団
  • 環境社会心理学
  • 行動科学における実験調査分析
  • 数理モデルの理論と方法
修士・博士研究テーマ例
  • 無知のヴェールは合意形成を促進するか?:忌避施設立地問題を模したゲーミングによる検討
  • ウマにおける社会的緩衝作用の実験的検討―同種他個体及びヒトの存在はウマのストレスを和らげるのか―
  • 累積的文化進化における文化アトラクターの影響:実験室実験を通じた網羅的検討
研究室ウェブサイト