髙橋 昂輝

プロフィール

髙橋 昂輝 准教授 / TAKAHASHI Koki
研究内容

日本と北アメリカ(特にカナダ)をフィールドに、空間・場所と社会・政治の諸関係について、主に以下の3つの研究に取り組んでいます。
1.社会的マイノリティ地区の生成・変容プロセスに関する研究
2.都市空間を巡るコンフリクトとまちづくりに関する研究
3.島嶼性に注目した移住/移動/観光の研究

研究分野
社会地理学、北米地域研究
キーワード
移民、エスニシティ、近隣変容、場所アイデンティティ、B I A(B I D)
文学研究院 所属部門/分野/研究室
人間科学部門/地域科学分野/地域科学研究室
文学院 担当専攻/講座/研究室
人間科学専攻/地域科学講座/地域科学研究室
文学部 担当コース/研究室
人文科学科/人間科学コース/地域科学研究室
連絡先

Email: takahashi.koki*let.hokudai.ac.jp
(*を半角@に変えて入力ください)

研究生を希望される外国人留学生(日本在住者をふくむ)は、「研究生出願要項【外国人留学生】」に従って、定められた期間に応募してください。教員に直接メールを送信しても返信はありません。
関連リンク
メッセージ

既存の枠組みに捉われない、挑戦的で意欲的な大学生・大学院生を歓迎します。北海道大学で社会地理学を共に学び、ここから社会地理学を更新していきましょう。

移民街はなぜ都市の特定の地区で形成され、その後、大きな変容を経験していくのか。地元のまちなみを一新しようとする、あの再開発事業は本当に必要で適切な取り組みなのか。健康な大人にとって快適な空間は、子ども、高齢者、障がい者等にとっては、どのような空間なのだろうか。自宅という場所は、私たちをいかに解放し、いかに抑圧しているのだろうか。これら全てが社会地理学の研究上の問いとなり、本ゼミの学生・院生の研究テーマとなり得ます。

社会地理学は、空間・場所・地域といった地理的な概念に焦点を当て、我々の社会で生起し、可視化または不可視化された問題にアプローチします。空間や地域を巡る社会的な問題を解きほぐすためには、その問題が生じている身近なスケール(例えば、ローカル・スケール)のみならず、ナショナル・スケールでの政策変更、グローバル・スケールでの政治・経済情勢の変化など、多層的・重層的な地理的スケールでの分析が不可欠です。

広い視野を持ちながら、フィールドワークにより身体を通じて、あなたが捉えた空間と社会が交差する景観を、そして、あなたが着想したアイデアを、文字と地図によって表現し、「地域」を読み解いてみませんか。

研究活動

略歴

日本学術振興会・特別研究員(DC1)、香川大学専任講師、同准教授、日本学術振興会・海外特別研究員、ヴィクトリア大学客員研究員を経て、現職。博士(理学)日本大学。

主要業績

所属学会

  • 日本地理学会
  • 人文地理学会
  • 地理空間学会
  • 日本島嶼学会
  • American Association of Geographers
  • Canadian Association of Geographers

教育活動

授業担当(文学部)

  • 人文地理学
  • 地域科学演習
  • 野外調査法実習
  • 地域科学研究法

授業担当(文学院)

  • 地域科学特殊講義
  • 地誌学特別演習

おすすめの本

  • 「トポフィリア—人間と環境—」イーフー・トゥアン 著、小野有吾・阿部一 訳.筑摩書房.
    1970年代に生まれた人間主義地理学の古典であり、人間と環境との結びつきについて、人間の情緒や場所への愛着に注目して読み解いた、示唆に富む良書です。