結城 雅樹

プロフィール

結城 雅樹 教授 / YUKI Masaki
研究内容

社会環境の構造と人間の心理・行動との関連、集団過程の性質の文化差

研究分野
社会心理学、文化心理学
キーワード
文化、適応、集団、対人関係、自己
文学研究院 所属部門/分野/研究室
人間科学部門/行動科学分野/行動科学研究室
文学院 担当専攻/講座/研究室
人間科学専攻/行動科学講座/行動科学研究室
文学部 担当コース/研究室
人文科学科/人間科学コース/行動科学研究室
連絡先

研究室: E棟405
TEL: 011-706-4169
FAX: 011-706-3066
Email: myuki*let.hokudai.ac.jp 
(*を半角@に変えて入力ください)

研究生を希望される外国人留学生(日本在住者をふくむ)は、「研究生出願要項【外国人留学生】」に従って、定められた期間に応募してください。教員に直接メールを送信しても返信はありません。
関連リンク

Lab.letters

Lab.letters 研究室からのメッセージ
行動科学研究室結城 雅樹 教授

社会の多様性を通じて
人間の普遍性を読み取る

我々人間には多様な社会を作り出す能力があります。例えば、北米の個人主義社会と東アジアの集団主義社会。どちらも一長一短があり、これまでにも国際比較研究が盛んに進められてきた問題ですが、私の研究目的はこうした様々な社会環境下で暮らす人々の心の働きを明らかにすること。私たちの研究によると、”実は北米人も東アジア人に負けず劣らず集団を重視するものの、両者の重視の仕方には質的な違いがある”という新たな事実が明らかになってきました。では、「なぜ」人々はそうした行動をとるのか。行動の背後に潜む理由を社会生態学的なアプローチの観点から検討することで、社会の多様性と人間の多様性を結びつける普遍的なロジックを解明したいと思っています。

北米の集団間比較志向と東アジアの集団内関係志向(Yuki,2003)。"S"は自己(self)を表し、周囲の複数の小さな円は他の内集団メンバーを示す。左側の北米型では「ライバル校とどちらが強いか」などの外集団との対比が、右側の東アジア型では集団内の対人関係ネットワークが重視される。

国際色豊かな顔ぶれとともに
刺激に満ちた共同研究

研究テーマの一つに国際比較研究をあげていることもあり、私の研究室にはアメリカや中国、クロアチア、ニュージーランドからの国際色豊かな顔ぶれが揃っています。研究に対してはチームで取り組む共同研究のスタイルをとっており、そこから各自が関心を持つ切り口や方法論で自分の研究テーマを掘り下げていきます。

指導で重要視するのは、国際レベルで競争できる研究者を育てること。正確かつ簡潔に伝えるコミュニケーション能力の育成を大切にしています。行動システム科学講座はゼミ間の垣根が低く、全研究室を対象にした共同ゼミでは教員同士の熱い議論も珍しくありません。研究の糧となる刺激に満ちた環境で皆さんを待っています。

(聞き手・構成 佐藤優子)

メッセージ

私の研究チームでは、人間の心理や行動に対して、周囲の人びととの関係性や彼らを取り巻く社会のあり方がどのように影響するかを検討しています。分析の際の理論的な「切り口」として、社会環境に対する「適応」をキーワードとする社会生態学的アプローチを利用しています。また、多様な社会環境の差異がもたらす影響を実証的に調べるため、国際比較研究や、地域間比較研究、そして実験研究などを行っています。

現在特に注目しているトピックの一つに、関係流動性 (relational mobility) の影響があります。対人関係や所属集団を自らの意志や好みによって選択できる「高関係流動性」の社会(例えば北米社会)と、対人関係や所属集団が一旦決まると、そこから離脱することが困難になる「低関係流動性」の社会(例えば日本社会)では、それぞれどのような心理過程や行動パターンを持つことが適応的になるでしょうか。この観点を用いると、これまで北米人(例えばアメリカ人)と東アジア人(例えば日本人)の間で見られてきた様々な心理・行動の差異を、よく説明することができます。

複数の人間が集まって作り上げる対人関係や社会のあり方が、ひるがえって個々の人間の心理や行動を規定する。この「超社会的動物」としての人間の本性を解明するための研究プロジェクトに、ぜひ皆さんも一緒に参加してみませんか?

研究活動

略歴

埼玉県立浦和高校卒、一橋大学社会学部卒、東京大学大学院人文社会系研究科(社会心理学専攻)修士課程・博士課程修了、博士(社会心理学)、日本学術振興会特別研究員、北海道大学文学部講師、准教授を経て現職

主要業績

  • Yuki, M., & Brewer, M.B. (Eds.) (2014). Culture and group processes.
    New York, NY: Oxford University Press.
  • Brewer, M. B., & Yuki, M. (2007). Culture and social identity. In S.
    Kitayama, & D. Cohen (Eds.), Handbook of cultural psychology (pp.
    307-322). New York: Guilford.
  • Yuki, M., Sato, K., Takemura, K., & Oishi, S. (2013). Social ecology
    moderates the association between self-esteem and happiness. Journal
    of Experimental Social Psychology, 49, 741-746.
  • Yuki, M. & Schug, J. (2012). Relational mobility: A socio-ecological
    approach to personal relationships. In O. Gillath, G.E. Adams, & A.D.
    Kunkel (Eds.), Relationship science: Integrating evolutionary,
    neuroscience, and sociocultural approaches (pp. 137-152). Washington
    D.C.: American Psychological Association.
  • Yuki, M. (2003). Intergroup comparison versus intragroup
    relationships: A cross-cultural examination of social identity theory
    in North American and East Asian cultural contexts. Social Psychology
    Quarterly, 66, 166-183.
  • 金児曉嗣・結城雅樹(編著) 2005 『文化行動の社会心理学』 北大路書房.
受賞

所属学会

  • Asian Association of Social Psychology
  • Society of Experimental Social Psychology
  • Society for Personality and Social Psychology
  • Association for Psychological Science
  • 日本心理学会
  • 日本社会心理学会
  • 日本グループダイナミックス学会
  • 人間行動進化学会
  • 北海道心理学会

教育活動

おすすめの本

  • 『名誉と暴力 ― アメリカ南部の文化と心理』 R.E.ニスベット&D.コーエン(著) 石井敬子・結城雅樹(編訳)(北大路書房)
    米南部人はなぜ「キレる」のか?その必然性を、心と社会の関係から解き明かす。多彩な実証法もCool!