20216【社会への発信】

6月

〈シラベルカ〉レジ袋有料化から1年 現状と効果は

NHK ほっとニュース北海道
2021.06.15 18:36~18:43
大沼 進(行動科学研究室 教授)
内容: 昨年7月1日のレジ袋有料化後のプラスチック削減について、大沼進教授(行動科学研究室)がその経済的インセンティブの効果を検証する企画。大沼教授は、経済的インセンティブは短期的には効果があるが、効果が持続しなかったり、逆効果になる場合があるので、プラスチック削減の意義を理解し、環境への動機づけをしていくこととあわせて取り組んでいく必要性があると解説した。
マイバッグ増えた?レジ袋の辞退率96%のお店も! シラベルカ #55(NHK札幌放送局)

〈魚眼図〉偶然の魔力

北海道新聞 夕刊全道(文化)
2021.06.11
竹内 康浩(欧米文学研究室 教授)

〈水曜討論〉新幹線の要対策土処分合意形成のあり方は 多様な声尊重し対話を 北大大学院文学研究院教授 大沼進さん

北海道新聞 朝刊
2021.06.09
大沼 進(行動科学研究室 教授)
内容: 北海道新幹線札幌延伸に伴うトンネル工事で生じる要対策土(ヒ素など重金属を含み安全管理が必要な掘削土)の受け入れ処分場が決定した。処分場決定の合意形成のあり方について、大沼教授は環境社会心理学・環境政策の専門家の立場から解説した。

道内の公立学校の約19% 被災するおそれのある場所に立地

NHK 北海道NEWS
2021.06.08
橋本 雄一(地域科学研究室 教授)
内容: 文部科学省の調査で、道内の公立学校のうちおよそ19%にあたる363校が洪水などの浸水想定区域や土砂災害警戒区域にあることがわかった。橋本教授は、GIS(地理情報システム)を活用した災害時の避難研究の専門家の立場から調査結果についてコメントした。