彦伶

プロフィール

卓 彦伶 講師 / CHO Yenling
研究内容
  • 博物館の地域連携活動のあり方とその社会的効果の検証
  • 小規模博物館における市民主体運営のあり方
  • 博物館の社会的役割
研究分野
博物館学
キーワード
地域連携、市民協働、社会的効果、社会的役割
文学研究院 所属部門/分野/研究室
人文学部門/文化多様性論分野/博物館学研究室
文学院 担当専攻/講座/研究室
人文学専攻/文化多様性論講座/博物館学研究室
文学部 担当コース/研究室
人文科学科/哲学・文化学コース/博物館学研究室
連絡先

研究室: 306
Email: taku*let.hokudai.ac.jp
(*を半角@に変えて入力ください)

研究生を希望される外国人留学生(日本在住者をふくむ)は、「研究生出願要項【外国人留学生】」に従って、定められた期間に応募してください。教員に直接メールを送信しても返信はありません。
関連リンク
メッセージ

私の研究は、ミュージアムと地域社会の関わりやその社会的効果に着目しています。これまで、特に小規模ミュージアムにおける市民主体運営のあり方とミュージアムの地域連携活動による社会的効果の測定について取り組んできました。最近では、ミュージアムに期待される役割やミュージアムが置かれている経営環境などミュージアム全体に関わる側面だけではなく、各現場で地域に向き合う学芸員の活動にも注目しています。

ミュージアムと地域社会の関係性を一言で言っても、地域における多様な主体との相互作用が交じり合っています。各地域の個性・特性に応じて、ミュージアムに求められる役割も変わってきます。そのため、研究を進める上で、ミュージアムの活動に注目するだけではなく、地域社会における多様な主体が求めるミュージアム像について把握するために、各地域の実情をするためのフィールドワークも重要視しています。

また、ミュージアムという場で活動しているボランティア、友の会や地域の多様な主体と市民の声、これらに寄り添う学芸員といった人々の思い・考え方も拾い上げていけるように意識していきたいです。

ミュージアムと地域社会の関係性、ミュージアムが地域社会にもたらす価値について関連分野の手法を取り入れながら探求してみませんか。

研究活動

略歴

台湾生まれ。台湾・東呉大学人文社会学部卒業。北海道大学大学院文学研究科修士課程および博士後期課程修了。博士(文学)。民間シンクタンクを経て、2022年より現職。

主要業績

  • 「博物館における評価の展開と手法に関するレビュー」『博物館学雑誌』49 (1):65-89、2023年
  • 「成長と老いとミュージアム-まちの老いと人びとの記憶-」、今村信隆・佐々木亨(編)『学芸員がミュージアムを変える! : 公共文化施設の地域力』 (水曜社)、第7章、2021年
  • 「博物館連携に関する研究動向とその実態 : 1970年代以降の学会誌の分析を中心に」『博物館学雑誌』44 (1):107-159、2018年
  • 「1970年代以降の博物館における連携活動に関する施策の変遷」『北海道大学大学院文学研究科研究論集』 17:1-29、2017

所属学会

  • 全日本博物館学会
  • 日本ミュージアム・マネージメント学会
  • 日本NPO学会