研究と社会貢献教員一覧

押野 武志

押野 武志 教授 / OSHINO Takeshi

所属専攻・所属講座
言語文学専攻 映像・表現文化論講座
研究分野
日本近代文学、表象文化論
研究内容
夏目漱石・宮沢賢治・坂口安吾を中心に同時代言説との関連性を踏まえたテクストの美的機能とイデオロギーの分析。ミステリというジャンルの再編をめぐる史的研究。少年・少女像の変容に関する図像的研究。
WEB site
キーワード
ポストモダニズム、美的イデオロギー、セクシュアリティ、後期クイーン問題
連絡先
研究室: 403
TEL: 011-706-4034
FAX: 011-706-4034
E-mail: toshino*let.hokudai.ac.jp 
(*を半角@に変えて入力ください)

Lab.Letters 研究室からのメッセージ

戦後生まれのサブカルチャー
批評性を持って作品を読み込む

 近年、学生に非常に人気が高いサブカルチャーは戦後生まれ。敗戦からの復興とともに父は企業戦士に、母は専業主婦となり、母子の関係性が深まる新たな家族モデルが確立していきます。'70年代には女性や子どもを消費の担い手とする社会構造が出来上がり、今のオタク文化やかわいい文化の源流となる上質なサブカルチャーが隆盛しました。
 面白いことに'70年代当時の子どものおこづかいを調べると、物価高を考慮に入れても現代の金額に近いことがわかりました。作品が生まれた時代背景や媒体特性を調べることで、作品の特質をさらに深く掘り下げて批評性をもって読むことが可能になります。

  • 昭和初期に一世を風靡した少女雑誌『少女の友』。創刊100周年記念「中原淳一 昭和の付録 お宝セット」から貴重な完全復刻版。
  • こちらも完全復刻版の江戸川乱歩著『貼雑(はりまぜ)年譜』。作品資料の間取りや切り抜き記事などをスクラップした希少本。

傍流が時代の鏡に成長
その魅力は国境を越えて

 現在の指導学生が選んだテーマは、江戸川乱歩や吉屋信子、宮沢賢治、伊藤潤二、新海誠、押井守など作家やジャンルも十人十色。なかにはライトノベルやマンガの時間表象に関心を寄せる学生もいます。かつて傍流とされたサブカルチャーも今では時代を映す鏡となり、若者への影響力もはかりしれないジャンルへと成長しました。その昔、世界が浮世絵に見た"不思議の国"日本のエッセンスが現代ではマンガやアニメに凝縮されており、国境を越えて世界で受容されています。私が今後研究を進めたいと思うのは、古野まほろをはじめとする現代のミステリです。不思議な進化をとげた日本のミステリの特質を検証していきます。
(聞き手・構成 佐藤優子)

<メッセージ>
 映像や図像の研究に関心をもつ学部生、大学院生が年々増えています。このような需要に対応すべく、2005年4月から、本研究科に「映像・表現文化論講座」が新設されました。この講座のスタッフは総勢6名で、この講座が映画、写真・図像・マンガ・アニメなど映像に関わる事象を、日本・アジア・欧米の文化理論、思想史的研究、文学研究等と交錯させ、横断的、包括的に研究できる場となることを目指しています。
 発表媒体として『層』という雑誌があります。この説明では堅苦しいので、私が最近指導した学生たちの卒論や修論のテーマのいくつかを列挙します。「現代ミステリ研究」「オタク文化論の変容」「男性キャラクターの研究」「岡崎京子研究」「ライトノベル研究」「セカイ系アニメ研究」...。講座のイメージがわきましたか。

研究活動

略歴
1965年、山形生まれ。1989年、山形大学人文学専攻科修了。1994年、東北大学大学院文学研究科博士課程満期退学。広島文教女子大学専任講師を経て、2000年より北海道大学大学院文学研究科准教授を経て現職。2008年、博士(文学)取得。
主要業績
『日本サブカルチャーを読む』共編著(北海道大学出版会)
『日本探偵小説を読む』共編著(北海道大学出版会)
『文学の権能』単著(翰林書房)
『宮沢賢治の美学』単著(翰林書房)
『童貞としての宮沢賢治』単著(ちくま新書)
『機械=身体のポリティーク』共著(青弓社)
『ヴィジュアル・クリティシズム』共著(玉川大学出版部)
所属学会
日本近代文学会、日本文学協会、宮沢賢治学会、坂口安吾研究会
関連サイト
第16回北大人文学カフェ「『雨ニモマケズ』を誤読する」
北大研究者総覧
researchmap

教育活動

担当授業(大学院)
日本近代文化論特殊講義、日本近代文化論特別演習
担当授業(文学部)
国文学、国文学演習、国文学史概説
担当授業(全学教育)
芸術と文学
Page top