仙石

プロフィール

仙石 学 教授 / SENGOKU Manabu
研究内容

東欧諸国の経済政策および福祉政策について、政党政治を軸に地域内、および地域間の比較を行う。

研究分野
中東欧比較政治、政治経済学、福祉政治
キーワード
東欧、比較方法論、福祉、経済、政党
文学院 担当専攻/講座/研究室
人文学専攻/スラブ・ユーラシア学講座/スラブ・ユーラシア学研究室
連絡先

Email: m-sengoku*slav.hokudai.ac.jp
(*を半角@に変えて入力ください)

研究生を希望される外国人留学生(日本在住者をふくむ)は、「研究生出願要項【外国人留学生】」に従って、定められた期間に応募してください。教員に直接メールを送信しても返信はありません。
関連リンク

Lab.letters

Lab.letters 研究室からのメッセージ
スラブ・ユーラシア学研究室仙石 学 教授

福祉と経済を軸に
新興民主主義国の独自性を探る

1974年に独裁体制が崩壊したポルトガルから始まった民主主義の「第三の波」は世界を席巻し、東欧諸国など多数の新興民主主義国が誕生しました。一口に新興民主主義国といっても、各国における経済と福祉の政策は実に多様です。金融やサービス業が経済の中心を占める国では、子育てや介護は各世帯に委ねられ、家族が担うかあるいは市場サービスを頼みとすることが多いですが、バルト諸国の一部では女性の就労を促す制度が構築されています。他方で製造業が経済である程度の比重を占めている国では「男性労働者」の権利は厚く保護され、子育てや介護は家庭への支援が中心となっています。ただしスロヴェニアのように、製造業を主体としつつ女性の就労率が高い国では、比較的女性の就労に配慮した制度が存在する例もあります。こうした各国の現状を比較し、「なぜ違うのか」または「なぜ同じなのか」社会に通底する規則性を探っていきます。

体制転換後の1990年代の中東欧諸国では出生率が落ち込み、その後経済成長とともにゆるやかに上昇している。現在の日本(赤いグラフ)と同じく少子高齢化時代に突入したことが読み取れる。
世界情勢は日々刻々と変わっている。スターリン時代の象徴だったワルシャワの文化科学宮殿も、いまではライトアップした観光名所に変貌した。

知られざる地域を
自力で探究していく喜びが

私が指導する大学院生の研究対象は、日本ではあまりなじみのない《東欧》地域になります。最近でこそ日本での研究も増えてきましたが、それでもまだほとんど研究がなされていない分野や領域があるのも、スラブ地域研究の面白いところです。この他にもまだ各地に皆さんだから探し当てることができる研究テーマが潜んでいます。

我々地域研究者にとって英語と対象地域の言語の習得は必須です。特に大半の資料が英語論文であるため、専門知識を覚えるという意味でも英文の読解力を磨く必要があります。また、地域研究だからといって一つの国や地域に集中しすぎず、広い視野で世界を見つめることも大切です。地域を横断するまなざしで、新しい世界の法則を見出してください。

(聞き手・構成 佐藤優子)

メッセージ

なぜ東欧政治をやるのか、というのは、説明しにくいところがあります。あえて書くなら多面的な見方ができる面白さ、というのがあるのですが、詳しいことは私の著書『中東欧の政治』(東京大学出版会)の序章「中東欧の政治をどう見るか」を読んでくださると幸いです。

研究活動

略歴

1987年、東京大学教養学部教養学科卒業、1994年、東京大学総合文化研究科国際関係論専攻単位取得退学。スラブ研究センターの非常勤研究員(中核的研究機関研究員)を経て、1996年から2014年9月まで西南学院大学法学部に在籍。2014年10月から現職。

主要業績

所属学会

  • 日本比較政治学会
  • 日本政治学会
  • 日本国際政治学会

教育活動

授業担当(文学院)

  • スラブ・ユーラシア総合研究特別演習
  • スラブ・ユーラシア社会研究特別演習

おすすめの本

  • バリントン Jr. ムーア『独裁と民主主義の社会的起源(上・下)』(岩波文庫、2019年復刊)
    原著は60年以上前に出版されたものですが、各国の歴史過程の違いを体系的に説明しようとするその議論は、不明確なところもありますが現在でも色あせないものがあります。私が比較政治をやるきっかけとなった本でもあります。