金沢 英之

プロフィール

金沢 英之 教授 / KANAZAWA Hideyuki
研究内容

『古事記』をはじめとする上代文学をどう読めるか、またどう読まれてきたのか、読まれることで何をつくりあげてきたのか。現代の私達自身の問題として考える。

研究分野
上代文学
キーワード
古事記、上代文学、本居宣長、古事記伝
文学研究院 所属部門/分野/研究室
人文学部門/表現文化論分野/日本古典文化論研究室
文学院 担当専攻/講座/研究室
人文学専攻/表現文化論講座/日本古典文化論研究室
文学部 担当コース/研究室
人文科学科/言語・文学コース/日本古典文化論研究室
関連リンク

Lab.letters

Lab.letters 研究室からのメッセージ
日本古典文化論研究室金沢 英之 教授

『古事記』を古典としてきた
日本人の輪郭を描き出す

日本の代表的な古典である『古事記』と『日本書紀』、どちらも漢字で記されたものですが、平仮名・片仮名がまだない時代に”漢字を用いて日本のことばを書こうとした”試みが見られる前者と、国際的な公用語である漢文を使った後者とでは大きく性格が異なります。国文学者の本居宣長は「事」と「ことば」と「心」は一つである、という考えから『古事記』を高く評価し、後の国文学に大きな影響を与えた注釈書『古事記伝』を著しました。以来、『古事記』を古典として持つことで形づくられてきた日本人とは何か。現代の私たちがその意味を考え、日本人の輪郭を描き出す取組みは、大学で「学問」として古典を研究する意義と密接に結びついています。

客観性と科学性を大切に
授業で研究世界の入口を体感

『古事記』研究を始める以前は海の生態学を専門としていましたが、〈生物と自然〉から〈人間と自然〉、そして〈人間と文化〉へと視点を広げていくうちに現在の『古事記』研究が専門に。文理の枠を超えても、客観性と科学性が求められる研究手法に変わりはないと実感しています。北海道大学は学生の学習意欲が高いため、研究者であり教育者である我々には理想の環境です。授業ではいつも対象となる研究分野の最新の課題を提供し、奥深い研究世界の入口を体感してもらえるような時間を共有できたらと考えています。

(聞き手・構成 佐藤優子)

メッセージ

奈良時代の大伴家持は日々詠んだ歌を書き記し、現代の私たちはTwitterやFacebookに毎日のように書きこむことで、その書かれたもののなかに自分自身の輪郭をつくりあげています。書くこと、そして書かれたものを読むことが、人間とどう関わってきたのか。それを明らかにすることが、文学研究の課題と考えます。文字で書くことが社会にひろまった上代の文学を通じ、人と書くことの関係のはじまりについて考えてみませんか。

研究活動

略歴

1968年生まれ。東京大学卒、東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻博士課程中退、博士(学術)。東京大学助手、札幌大学准教授を経て現職へ。

主要業績

  • 「『古事記』三重の采女の歌ーアメ・アヅマ・ヒナの位置づけを中心に」『万葉集研究』33、2012
  • 「『古事記』の「天つ神御子」ーアマテラスの言依しとの関係を中心に」『万葉集研究』30、2009
  • 「オシホミミの位置−ウケヒによる出生をめぐって」『国語と国文学』83-6、2006
  • 『宣長と『三大考』』金沢英之著(笠間書院、2005)
  • 『義経の冒険』金沢英之著(講談社、2012)

所属学会

  • 上代文学会
  • 万葉学会
  • 古事記学会
  • 鈴屋学会

教育活動

授業担当(文学部)

  • 国文学
  • 国文学演習

授業担当(文学院)

  • 日本古典文化論特別演習
  • 文献学(国語・国文)特別演習

授業担当(全学教育)

  • 芸術と文学

おすすめの本

  • 『羊をめぐる冒険』村上春樹(講談社文庫)
    古代の神話を通じて眺める村上作品(とくに長編)は面白い。汚れた鏡を拭くと開けたのはどんな世界だっただろうか。 
  • 北海道大学附属図書館Webサイトの「不朽の名著」のコーナー
    金沢英之 先生 ご推薦の図書