研究と社会貢献教員一覧

野町 素己

野町 素己 教授 / NOMACHI Motoki

所属専攻・所属講座
歴史地域文化学専攻 スラブ社会文化論講座
研究分野
言語学、スラブ語学
研究内容
(1)スラブ諸語の類型的な文法研究、(2)言語接触の諸問題(特にバルカン半島の言語状況、また南スラブ諸語の標準語成立の過程など)、(3)少数話者言語とアイデンティティ
WEB site
キーワード
スラブ語、言語類型論、言語接触、ミクロ文語
連絡先
研究室: スラブ研究センター519
TEL: 011-706-3158
E-mail: mnomachi*slav.hokudai.ac.jp
(*を半角@に変えて入力ください)

Lab.Letters 研究室からのメッセージ

言語の接触から生まれる
多様な言語構造の変化に着目

 「文化のモザイク」と呼ばれる東南ヨーロッパでは政治や社会の変動にともない様々な言語が接触し、多様な言語構造の変化を繰り返してきました。例えば、セルビア語は方言差が大きく、同じ国内でも時に違う言語と思われるような違いが見られます。では、なぜこういうことが起きたのか、タイプの違う言語構造が共存するまでの歴史的な背景や変化の道のりを解明していきます。
 今最も注目している言語は、長年ポーランド語の方言として扱われてきたカシューブ語です。近年ではポーランド語とカシューブ語が併記されている街頭表示も出てきました。現地の母語話者たちの協力を得て、貴重な言語データを採集しています。

  • カシューブ語の母語話者である4姉妹、その姪(左端)と。「姉妹でも世代によって言葉の感覚に微妙な違いがあるところが面白いですね」と野町先生。
  • 2011年11月に北海道大学スラブ研究センター(当時)で国際スラヴィスト会議スラヴ語文法構造研究部会共催の国際シンポジウム「スラヴ諸語における文法化と語彙化」が開催された。出席者たちとの記念写真。※写真をクリックすると拡大します。

数数の国際会議成功の実績と
優秀な人材でスラブ研究を推進

 スラブ語研究は日々国際化が進んでいます。2011年には私が事務局となり、「国際スラビスト会議」のうち、世界15カ国からスラブ諸語の文法研究を代表する研究者たちが集う本邦初の大規模部会会議を開催しました。2013年にはスラブ語を地域と類型という視点から検討する国際会議(ポスターPDF)、2015年にはスラブ世界の少数話者言語と標準語形成の諸問題について(ポスターPDF)、2016年はそれを発展させる形でスラブ諸国における標準語イデオロギーを論じる国際会議(ポスターPDF)を組織しました。世界のトップクラスの研究者を招へいした国際会議を成功させた実績と優秀なスタッフを配する環境は、北海道大学におけるスラブ研究の大きな強みです。
 本専修では、歴史学、文学、経済学、政治学など隣接する他分野の研究者との接触が日常的に行われており、さまざまな知的刺激に満ち溢れています。スラブ語研究を志す方はぜひここで地域全体から言葉を眺め、一分野や一言語だけにとらわれない複眼的な視野を養っていきましょう。

<メッセージ>
【研究方針】
スラブ語といえば、その代表的な言語はロシア語だと思いますが、スラブ世界には実に多様な言葉があり、同時に言葉と同じ数だけの文化が存在します。本研究室では、例えばロシア語の音声や文法といった言語の内的な研究に限らず、様々なスラブ人の豊かで多様な言語とその文化を、特に比較の視点から研究することを目指しています。

【教育方針】
スラブ語のどの一言語を研究するにも、その言葉以外のスラブ諸語についての知識を身につけることは、研究の幅を広げ、その質を高めるのに大変重要なことです。したがって、本研究室では専門以外のスラブ語の学習が期待されています。これまでロシア語を勉強してきて、その研究の視野をスラブという枠組みに広げたい方、複数のスラブ語・文化の比較研究にご関心をお持ちの方をお待ちしています。

研究活動

略歴
1976年生まれ。2000年東京大学文学部言語文化学科スラヴ語スラヴ文学専修課程卒業、2008年東京大学大学院人文社会系研究科欧米系文化研究専攻(スラヴ語スラヴ文学)博士課程単位取得退学、2011年博士(文学)。同年5月より北海道大学スラブ研究センター准教授。2017年10月同教授。
主要業績
★受賞:
  第13回(平成28年度)日本学士院学術奨励賞を受賞
  第13回(平成28年度)日本学術振興会賞を受賞

(co-edited by Tomasz Kamusella and Catherine Gibson) The Palgrave Handbook of Slavic Languages, Identities and Borders, Palgrave McMillan, London, 2015.

(co-edited by Ljudmila Popović) The Serbian Language as Viewed by the East and the West: Synchroniy Diachrony, and Typology (Slavic Eurasian Studies No.28), Slavic-Eurasian Research Center, Sapporo, 2015.

(co-edited by Andrii Danylenko and Predrag Piper) Grammaticalization and Lexicalization in the Slavic Languages, Verlag Otto Sagner, München, 2014.

On the Second Be Periphrasis (BE-2) in Kashubian: Its Grammatical Status and Historical Development, Slavia, časopis pro slovanskou filologii, Vol. 84, No. 3, pp.268-283, 2016.

Possessive Constructions in the South Slavic Languages: Some Implications for Areal Typology, Balkanistica, Vol.28, pp.337-360, 2015.
所属学会
日本ロシア文学会、日本スラヴ学研究会、日本言語学会、Slavic Linguistics Society
関連サイト
The Commission on the Grammatical Structure of the Slavic Languages of the International Committee of Slavists
北大研究者総覧
researchmap

教育活動

担当授業(大学院)
スラブ地域文化論特別講義、スラブ社会文化論総合特別演習
担当授業(文学部)
スラブ社会文化論
おすすめの本
角田太作著「世界の言語と日本語」(くろしお出版)
 言語を比較・分類する意味とその実践の方法について述べた本です。これから言語の比較・対照研究を考えていらっしゃる方は、高度な内容を一般の人にもわかりやすく説いた本書を読むことをお勧めします。
Page top