研究と社会貢献教員一覧

川端 康弘

川端 康弘 教授 / KAWABATA Yasuhiro

所属専攻・所属講座
人間システム科学専攻 心理システム科学講座
研究分野
認知心理学(特に色彩と映像に関わる領域)
研究内容
「色彩」「映像」「見ることの熟達化と適応力」「視覚システムのダイナミズムと可塑性」等に関わる心理学的研究を行っています。
WEB site
キーワード
色彩、情景、熟達、時空間解像度 
連絡先
研究室: E棟410
TEL: 011-706-4014
E-mail: kawabata*let.hokudai.ac.jp
(*を半角@に変えて入力ください)
FAX: 011-706-4014

Lab.Letters 研究室からのメッセージ

文学的な比喩か現実か?
「違ったものの見方」を検証

「見る力」とは、世界を認識する力でもあります。生来備わっている知覚システムに加え、各自の環境や経験に応じて認知能力は人間の成長とともに向上していきます。ある対象物について「違ったものの見方がある」という表現がよく使われますが、実際に私たちは同じ対象物を各自の見る力に応じて「違ったもの」として見つめているのではないか。このことを明らかにしていくため、当研究室では日常生活の活動と結びつけながら、色彩や情景の再認に関する研究を行っています。所属する学生は他大学からの編入組も多く、色彩への関心から専門的な資格を取るなど充実した研究生活を送っています。

  • 冬山登山者の越冬生活は白の識別感度を高める?
  • 日常的な対象物の配色の好みや文脈や場面に応じた配色の好みについて評価してもらう実験の風景です。実験では被験者の評価だけでなく、視線の動きなどを計測することもあります。

脳の融通性を実験で明らかに
効果的な組立てをアドバイス

色覚障害を持つ友人とヒマラヤへ登山に行った時のことです。どんな時でも彼のほうが遠くをよく見渡せることに気づき、帰国後の検査で彼が優れた解像度を持っていることを突き止めました。これはもしかすると色処理に使わない脳のリソースを解像度に振り分けるよう、脳が"融通を利かせた"結果だとも考えられます。こうした疑問を客観的かつ論理的に解明するために、私たちは実験という手法を用いています。どんな設定でどういう対象者に何をしてもらうのか、実験方法の組立ては研究の成否を握る重要な要素です。学生たちが決めた研究テーマの魅力を曇らせないように、これからも効果的な実験方法をアドバイスできたらと思っています。
(聞き手・構成 佐藤優子)

<メッセージ>
経験を積んだり、特殊な環境で過ごしていると、認知能力は変化していきます。「見る目がある」「審美眼」という言葉がありますが、美術の鑑定家や山菜取り名人などを考えれば(衣服の配色センスが良い人やTVゲームの上級者でも構いません)、ものを見きわめる力は明らかに上達します。そして色彩はこの見ることの熟達化に大きく関わっているようです。私たちはいま「デッサン熟達者のシーン再認記憶」「色識別力の個人差、女性は淡い赤黄紫色の識別が得意」「意識しない日常経験や学習が色識別力を向上させる」「冬山登山者や山菜取り名人の色認識力」「カメラマンのシーン把握」などについて実験データを集めています。
 なぜ色彩にこだわるのか。学生時代に北海道の山に親しみ、また空気が乾燥して見通しのきく中央アジアの山岳でしばらく生活したことがきっかけかもしれません。数km先を詳細に認知できる地元の人々の目は驚きでした。脳内のどんなシステムが高解像度の見えをもたらすのか。現地の人に色覚障害の人が多いことと関連しているか。その疑問が研究の原点でした。色というわかりやすく役に立つツールを用いて、見る力のすばらしさ明らかにしていきたいと考えています。街に氾濫するポスターやチラシ。またネットの世界にもさまざまなデザインがあふれています。その中に、見て心の琴線に触れるものがあります。なぜだろう。それを科学的に考えてみませんか。

研究活動

略歴
博士(行動科学)。立命館大学文学部助教授、北海道大学大学院文学研究科准教授を経て現職。
主要業績
・Sasaki, M. & Kawabata, Y. (2015). Influence of the typical color in object memory task, Proceedings of the Midterm Meeting of the International Colour Association , Pp. 750-754.
・佐々木三公子・川端康弘・川端美穂 (2014). 視覚認知研究から見た公共サインの「見やすさ」について, 日本画像学会誌, 53(5), 448-452.
・川端康弘・川端美穂 (2014). 健常な色覚における色識別力の個人差と熟練の過程, 立命館文学, 635, 52-63.
・高橋文代・川端康弘 (2013). 感情語と図式顔の表情における色と感情の関連, 開発技報, 15, 9-15.
・川端康弘・川端美穂 (2013). 女子大学生の赤、黄及び紫色領域における色識別の優位性, Technical Report, (Department of Psychology, Hokkaido Uiversity), 72, 1-14.
・高橋文代・川端康弘 (2013). 感情語から連想される色と表情色の関係, Technical Report, (Department of Psychology, Hokkaido Uiversity), 71, 1-16.
・川端美穂・佐々木三公子・川端康弘 (2012). 幼児における色再認と物体の典型色に関する知識の影響, Technical Report, (Department of Psychology, Hokkaido Uiversity), 70, 1-18.
・Shibata, M., Toyomura, A., Motoyama, H., Itoh, H., Kawabata, Y., & Abe, J. (2012), Does simile comprehension differ from metaphor comprehension? A functional MRI study, Brain and Language, 121(3), 254-260.
・川端康弘 (2012). 知覚, 田山忠行・須藤昇(編) 『基礎心理学』(分担執筆), 培風館, 37-52.
・Kojima, H., & Kawabata, Y. (2012). Perceived duration of chromatic and achromatic light. Vision Research, 53(1), 21-29.
・笠井有利子・川端康弘 (2011). シーン内の物体色の記憶と知覚的誘目性の関連, Technical Report, (Department of Psychology, Hokkaido Uiversity), 67, 1-22.
・川端康弘・川端美穂・笠井有利子 (2011). 色と認知科学 ―高次視覚認知における色彩の効果―, 日本画像学会誌, 50(6), 522-528.
・笠井有利子・川端康弘 (2011). シーン内の可変情報に対する認知の精度 -視点,明るさ,色調の変化, 心理学研究, 81(6), 610-618.
・川端康弘・五十嵐淳子・川端美穂 (2011). 物体に関する色の知識の性質と日常的場面の記憶に与える影響, Technical Report, (Department of Psychology, Hokkaido Uiversity), 65, 1-25.
・川端康弘 (2010). 私たちは世界をどのように見ているのか?-視覚と視環境, 仲真紀子(編) 『認知心理学』(分担執筆), ミネルヴァ書房, 1-22.
・Takahashi, F., & Kawabata, Y. (2009). Association between facial colors and emotions by means of words and face icons. Fechner Day 2009 (edited by M. Elliot et al.), 25, 471-476.
・Toyomura, A., Fujii, T., & Kawabata, Y., (2009). Loudness perception of vocalization through auditory feedback. Acoustical Science and Technology, 30(6), 439-441.
・笠井有利子・川端康弘 (2009). ビジュアルシーン内の物体色の認知と誘目性の関連 -面積,飽和度,文脈の効果-, 電子情報通信学会技術研究報告,109, 83, 111-116.
・Fujii, T., & Kawabata, Y., (2008) The effects of presentation size and chromatic contrasts to natural scene memory, Proceedings of the 6th lnternational Conference of Cognitive Science, Pp. 658-661.
・笠井有利子・川端康弘 (2008). ビジュアルシーン内の可変情報の保持とその時間推移, Technical Report, (Department of Psychology, Hokkaido Uiversity), 56, 1-22.
・川端康弘 (2008). 感覚-物理世界を心の中に表現する-, 西川泰夫・阿部純一・仲真紀子(編)認知科学の展開(分担執筆), 日本放送出版協会, 101-115.
・Fujii, T., & Kawabata, Y., (2007). The effects of diagnostic color in natural scene recognition, Fechner Day 2007 (edited by S. Mori, T. Miyaoka, W. Wong), Pp. 257-260, Tokyo: International Society of Psychophysics
・Kawabata, Y., Nishikawa, R., & Kawabata, M., (2007). A passive perceptual learning task for primal color modifies difference threshold of middle tone colors, Fechner Day 2007 (edited by S. Mori, T. Miyaoka, W. Wong), Pp. 327-330, Tokyo: International Society of Psychophysics
・藤井哲之進・川端康弘 (2007). 特徴的な色の多寡が情景の把握に及ぼす影響,電子情報通信学会技術研究報告,107, 117, 79-84.
・笠井有利子・川端康弘 (2007). ビジュアルシーン内の可変情報に対する認知の精度 -照明の明るさ・照明の色合い・観察視点-, 電子情報通信学会技術研究報告,107, 117, 73-78.
・川端美穂・川端康弘 (2007). 「創作ミュージカル活動」の人間力育成効果 ― 学生への質問紙調査による検討 ―, Technical Report, (Department of Psychology, Hokkaido Uiversity), 43, 1-11.
・川端康弘・川端美穂 (2006). ビジュアルシーンを把握する能力は向上するか - デッサン熟達者の情景再認記憶 -, Technical Report, (Department of Psychology, Hokkaido Uiversity), 41, 1-12.
・Kawabata, Y., and Kawabata, M. (2005). The effects of chromatic and luminance contrast to recognition memory for natural scenes,Technical report (Department of psychology, Hokkaido University), 36, 1-15.
・川端康弘 (2005). 感覚, 菱谷晋介・田山忠行(編)心を測る(分担執筆), 八千代出版, 1-20.
・川端康弘 (2004). 視覚認知機能に関わる色処理システムの役割とそのメカニズム, 日本機械学会2004年度年次大会講演資料集, 8, 229-230.
・川端美穂・川端康弘 (2003). 中高学年児童の対人認知枠組みにおける 友人とそうでない子の分化 ― Grid techniqueによる検討 ―,Technical Report, (Department of Psychology, Hokkaido Uiversity), 27, 1-12.
・川端美穂・川端康弘 (2003). 中高学年児童が学級のメンバーに対して使用した内的特性概念の分化,Technical Report, (Department of Psychology, Hokkaido Uiversity), 29, 1-10.
・川端康弘 (2000). 色覚の時空間周波数特性 日本視覚学会(編)視覚情報処理ハンドブック(分担執筆)朝倉書店, 232-236.
・Kawabata, Y. & Kojima, H., (1997). Visible persistence with chromatic and achromatic stimuli, International Colour Association (Ed.), Color97, Vol. 2, Pp. 318-322.
・川端康弘 (1997). 高所における視環境と人間の視覚システム, 立命館教育科学研究, 11, 85-96.
・川端康弘 (1997). 空間統合と色順応システム, 立命館文学, 552, 245-266.
・Kawabata, Y. (1996). Spatial integration in human vision and chromatic adaptation processes,Technical Report, (Department of Psychology, Hokkaido Uiversity), 1, 1-16.
・川端康弘 (1995). 光と色 佐藤愛子他(編)光と人間の生活ハンドブック(分担執筆)朝倉書店, 228-237.
・Kawabata, Y. (1994). Temporal integration at equiluminace and chromatic adaptation, Vision Research, 34(8), 1007-1019.
・Kawabata, Y. (1994). Spatial integration with chromatic stimuli in dichromatic vision, Color Research and Application, 19(5), 341-350.
・Kawabata, Y. (1994). Spatial integration in human vision with bichromatically mixed adaptation field, Vision Research, 34(3), 303-310.
・Sakuma, J.T, Kawabata, Y., & Aiba, T.S. (1993). Chromatic and achromatic form discrimination. Hokkaido Behavioral Science Report (Series P), 24, 1-12.
・川端康弘 (1993). 色システムの変性した視覚 -赤/緑型先天的色覚異常の視覚特性-, 寺岡隆・中川正宣・細田聡(編)行動理論における最近の動向(II), Hokkaido Behavioral Science Report, Series P, 63, 1-16.
・Kawabata, Y. (1993). Spatial integration properties in vision with chromatic stimuli, Color Research and Application, 18(6), 390-398.
・川端康弘 (1992). 高次中枢内における機能的な処理の分離: 色処理システムを中心として, 寺岡隆・中川正宣・細田聡(編)行動理論における最近の動向(I), Hokkaido Behavioral Science Report, Series P, 59, 3-12.
・川端康弘 (1991). 色感覚と明るさ感覚の相互作用: 心理物理学的測定, 阿部純一(編)基礎心理学実験入門: 感覚・知覚編(上), Hokkaido Behavioral Science Report, Series T, 17, 11-24.
・川端康弘・舟川政美 (1991). 視覚系の分光感度と検出過程: シミュレーション, 阿部純一(編)基礎心理学実験入門: 感覚・知覚編(上), Hokkaido Behavioral Science Report, Series T, 17, 1-10.
・Kawabata, Y. (1990). Temporal integration properties for bichromatically mixed lights in color-anomalous vision, Color Research and Application, 15(3), 56-166.
・Kawabata, Y., & Aiba, T.S., (1990). Temporal integration properties of color-defective vision measured for bichromatically mixed lights, Color vision deficiencies (edited by Y. Ohta), Pp. 61-65, Amsterdam: Kugler & Ghedini Publications.
・Kawabata, Y., & Aiba, T.S., (1990). R/G and Y/B opponent-color mechanisms revealed in temporal integration for bichromatically mixed lights, Color Research and Application, 15(1), 7-22. 1-12.
・川端康弘 (1989). 明るさの時間加重とBroca-Sulzer現象, 寺岡隆・中川正宣・川端康弘(編)行動科学における言語Cの応用(II), Hokkaido Behavioral Science Report, Series T, 16, 7-18.
・川端康弘(1989). 視覚系の時間加重特性と色,明るさシステム,北海道心理学研究, 11, 35-42.
・川端康弘 (1988). 入射光の検出における視覚系の出力のシミュレーション, 寺岡隆・中川正宣・邑本俊亮(編)行動科学における言語Cの応用(I), Hokkaido Behavioral Science Report, Series T, 14, 13-19.
・Mitsuboshi, M., Kawabata, Y., & Aiba, T.S., (1987). Color opponent characteristics revealed in temporal integration time, Vision Research, 27(7), 1197-1206.
・Mitsuboshi, M., Funakawa, M., Kawabata, Y., & Aiba, T.S., (1987). Temporal integration in human vision and the opponent-color system, Vision Research, 27(7), 1187-1195.
・Kawabata, Y., Funakawa, M., Aiba, T.S., & Mitsuboshi, M. (1987). Color-opponent characteristics of sub-additivity and temporal integration revealed with bichromatic test, Hokkaido Behavioral Science Report (Series P), 19, 1-35.
・岸本淳司・高木厚子・川端康弘・島田毅・松井孝雄・細田聡・高橋雅治 (1987). 行列演算, 寺岡隆・中川正宣・舟川政美(編)行動科学における数学サブルーチン・パッケージ(PC-FORTRAN用), Hokkaido Behavioral Science Report, Series T, 13, 37-53.
・川端康弘・三星宗雄(1985). 視覚系における時間加重と反対色システム,テレビジョン学会技報, 9(19), 13-18.
所属学会
日本心理学会、日本色彩学会
関連サイト
研究室
北大研究者総覧
researchmap

教育活動

担当授業(大学院)
知識構造論特別演習、心理学特殊講義
担当授業(文学部)
認知心理学、心理学演習
担当授業(全学教育)
科学技術の世界、外国語演習
おすすめの本
『Hilgard's Introduction to Psychology』Smith E.D. et al.(Wadsworth Pub Co.)
心理学の入門書だが、カラー図版がふんだんに使われていてわかりやすい。日本語版あり。
Page top