研究と社会貢献教員一覧

ウルフ・ディビッド

  1. トップ>
  2. 研究と社会貢献
  3. 教員一覧>
  4. ウルフ・ディビッド

ウルフ・ディビッド 教授 / WOLFF David

所属専攻・所属講座
歴史地域文化学専攻 スラブ社会文化論講座
研究分野
ロシア史、冷戦史
研究内容
極東・満州のロシア人、グローバルな視点で見た日露戦争、アジアの冷戦史などのテーマに取り組んでいる。
WEB site
キーワード
スターリンのユーラシア外交、第一次大戦・革命期のロシア
連絡先
研究室: スラブ研究センター529
TEL: 011-706-3788

Lab.Letters 研究室からのメッセージ

世界最大の国家ロシアの歴史

スラブ研究センターではロシア史を担当しています。ロシアは何世紀にもわたりユーラシア北方全域に影響を及ぼし、支配を広げた強国です。そのため、ロシア史の講義ではスラブ民族が住むユーラシア大陸の広範な地域を扱います。現在ロシアは世界最大の国ですが、ソビエト連邦時代には更に広い領土を保有していました。

 国際交流科目で担当するのはピョートル大帝の時代からロシア革命を扱う帝政ロシア史と、主にソヴィエト連邦を扱う20世紀のロシア史で、それぞれ隔年で教えています。これらの講義は相応の英語力のある北海道大学の大学院生ならば専門分野にかかわらず受講出来ます。

歴史的な思考力の重要性

私が教育の中で大切にしているのは、歴史的な思考力を伸ばすこと。つまり様々な出来事や過程を論理的に理解し、どのような要因がいかなる結果をもたらしたのかについて考察する力をつけることです。歴史的な思考力を身につければ、新聞で読む時事について理解できるようになるだけでなく、マスメディアには書かれない重要な情報の存在について認識を深めることが出来ます。沢山の史料を集めることは出来ても、あり得る全ての情報や史料を収集することはしばしば不可能です。歴史家の仕事は、歴史的思考によって過去と現在の空白を埋めることとも言えるかもしれません。

研究活動

略歴
1960年生まれ。1981年ハーバード大学卒業(歴史・文学部)、1991年カリフォルニア大学バークレー校大学院博士号(歴史学)取得、1991年プリンストン大学社会学部助教授、1997年ウッドロー・ウイルソンセンター冷戦史プロジェクト上級研究員、2006年現職
主要業績
著書:To the Harbin Station: The Liberal Alternative in Russian Manchuria, 1898-1914 (Stanford University Press, 1999)
共著:Le KGB et les pays baltes (with Gael Moullec) (Paris: Belin, 2005)
共編著:The Russo-Japanese War in Global Perspective: World War Zero, vols. I and II (with Steinberg, Marks, Menning, Schimmelpenninck, and Yokote) (Leiden: Brill, 2005-7)
Rediscovering Russia in Asia (with Stephen Kotkin) (Armonk, NY: ME Sharpe,1995)
論文:“Evrei v Kharbine, 1903-1914,” Ab Imperio 4 (2003)
所属学会
Association for Slavic, East European, and Eurasian Studies, ロシア史研究会
関連サイト
北大研究者総覧

教育活動

担当授業(大学院)
スラブ社会文化論特殊講義(国際交流科目)
おすすめの本
E.H. カー著「歴史とは何か」(岩波書店、 1962)
カ―教授はもともとイギリスの外交官でしたが、後に第一級の初代ソビエト研究家となりました。現在は過去に規定されるのか? 現在の在り様が、過去の理解に影響を与えているのか? 将来を予測することは可能なのか? この本を読めば、歴史と政治や哲学との関係性を理解することが出来るでしょう。
Page top