北海道大学学芸員リカレント教育プログラムプログラム概要

北大で、学芸員がミュージアムの可能性を開きつづける。
企画展制作スキルのリカレント教育プログラム

「學藝リカプロ」は、3年間で企画展制作のスキルを学ぶ、ミュージアム学芸員のためのリカレント教育プログラムです。
講義・特論・実習・実践を通して、最終的に、実際の展示制作・運営、および受講生が勤務するミュージアムで実現できる展示企画案の作成をプログラムの成果とします。また、毎年の進捗や成果をシンポジウムや報告会で広く公開します。

2018年7月開講

受講生募集(受講料無料)

 

7月22日(日) 13:00〜16:00 開講特別プログラム

公開シンポジウム
「いまこそ〈企画力〉 企画展制作の立案・運営・評価」

  • 北海道大学(札幌市北区北10条西7丁目) 人文・社会科学総合教育研究棟 W103室
    ※事前申し込み不要、直接会場にお越しください。
冨田 章 (東京ステーションギャラリー・館長)
高市 純行 (毎日新聞社東京本社・美術事業部長)
佐々木 秀彦 (東京都歴史文化財団事務局・企画担当課長)
濱崎 加奈子 (公益財団法人 有斐斎弘道館・館長)
佐々木 亨 (北海道大学大学院文学研究科・教授)

事業実施体制

主催:北海道大学大学院文学研究科(プログラム代表:佐々木 亨)
共催:北海道大学総合博物館、同工学研究院、同アイヌ・先住民研究センター、同CoSTEP、同TERRACE
助成:文化庁 平成30年度大学における文化芸術推進事業
   「ミュージアム学芸員の企画展制作〈立案・運営・評価〉スキル養成深化プログラム」

お問い合わせ

〒060-0810 札幌市北区北10条西7丁目 北海道大学大学院文学研究科内 「学芸リカプロ事務局」
Email recurrent_hokudai@let.hokudai.ac.jp
Tel・Fax 011-706-4017

 

  

Page top