2011.08.31

スイスドイツ

言語構造と社会的地位
著者名:
熊坂 亮
文学研究院教員:
熊坂 亮(元専門研究員) くまさか りょう

内容紹介

スイスドイツ語とはスイスで話されるドイツ語の方言のことをいう。本書では、特にチューリヒ方言について音韻論・統語論の領域において特徴的な現象を綿密に分析すると同時に、スイスドイツ語全体の現状を社会言語学・言語地理学の観点から詳細に提示する。
 
(北海道大学大学院文学研究科研究叢書 20)

ISBN: 9784832967557
発行日: 2011.08.31
体裁: A5判 250ページ
定価: 本体価格7,000円+税
出版社: 北海道大学出版会
本文言語: 日本語

〈主要目次紹介〉

目次
第1 章 スイスドイツ語研究と本書について
第2 章 スイスドイツ語の多様性
第3 章 スイスドイツ語の音韻と表記①:チューリヒ方言の母音
第4章 スイスドイツ語の音韻と表記②:チューリヒ方言の子音
第5章 スイスドイツ語の形態とスイス式標準ドイツ語
第6章 スイスドイツ語の語彙とスイス式標準ドイツ語
第7章 スイスドイツ語の統語現象①:zum構文
第8章 スイスドイツ語の統語現象②:wo関係節
第9章 スイスドイツ語の社会的位置付け:方言使用 
第10章 スイスドイツ語の社会的位置付け:方言保護
第11章 スイスドイツ語は「言語」か?
参考文献
あとがき