2010.03.31

陳啓源の詩経学

『毛詩稽古編』の研究
著者名:
江尻 徹誠
文学研究院教員:
江尻 徹誠(元専門研究員) えじり てつじょう

内容紹介

明末清初の学者、陳啓源の主著『毛詩稽古編』は詩経研究の重要文献であるにも関わらず、その研究は閑却されてきた。本書はその成立や編纂の過程、詩経学の特色とその後世に及ぼした影響について、様々な観点から検討を加え解明を試みる。
 
(北海道大学大学院文学研究科研究叢書 18 )

ISBN: 9784832967281
発行日: 2010.03.31
体裁: A5判 216ページ
定価: 本体価格5,600円+税
出版社: 北海道大学出版会
本文言語: 日本語

〈主要目次紹介〉

序  章 
第一章 陳啓源『毛詩稽古編』成立とその流布 
第二章 『毛詩稽古編』嘉慶刊本の上梓とその影響――費雲『毛詩稽古編附』の意味するもの―― 
第三章 『毛詩稽古編』と『詩経通義』――両書の成立に関する一考察として―― 
第四章 陳啓源の『詩経』解釈――その方法と後世の評価――
第五章 『毛詩稽古編』における詩序論  
第六章 清代詩経学における詩序論  
第七章 陳啓源の賦比興論――六義論に関する一考察として――  
結  語
参考文献  
後  序   
An outline of this book
中文摘要
人名索引
事項索引