千葉

プロフィール

千葉 惠 特任教授 / CHIBA Kei
研究内容

アリストテレス哲学における論理学、弁証術、生物学、倫理学および形而上学を主に研究している。現在はパウロ「ローマ書」の意味論的分析を通じて、神学と哲学の対話を通じて信の哲学を構築している。

研究分野
ギリシア哲学、信の哲学
キーワード
質料と形相、本質、可能態と現実活動態および完成現実態、信、共約可能性、義認
文学研究院 所属部門/分野/研究室
人文学部門/哲学宗教学分野/哲学倫理学研究室
文学院 担当専攻/講座/研究室
人文学専攻/哲学宗教学講座/哲学倫理学研究室
文学部 担当コース/研究室
人文科学科/哲学・文化学コース/哲学倫理学研究室
連絡先

研究室: 615
TEL: 011-706-2864
Email: k-chiba*let.hokudai.ac.jp  
(*を半角@に変えて入力ください)

研究生を希望される外国人留学生(日本在住者をふくむ)は、「研究生出願要項【外国人留学生】」に従って、定められた期間に応募してください。教員に直接メールを送信しても返信はありません。
関連リンク

Lab.letters

Lab.letters 研究室からのメッセージ
哲学倫理学研究室千葉 惠 特任教授

古代ギリシア語で綴られた
“人文学の宝”による魂の探求へ

ヨーロッパの基礎を作った人文学とは、「魂を耕す」学問です。人間の魂は非常に堅固な構造でできており、誠実に探求し観察していけば誰もが同意に至る真理に到達することができるそのような堅固な学問であると信じています。その探求のためにも、研究で取り扱う古典テキストは原文の古典ギリシア語で読むことにしています。

古典は歴史の審判を経て今に伝えられる、人文学における宝のような存在です。古典テキストを通じて偉大な先人につながる魂の探求に、私はたとえようのない喜びと、それを若い皆さんと分かち合わなければという非常に大きな使命を感じています。またこの30年の研究生活において、人類最高の知性であるアリストテレスの「本質」と、ローマ帝国を素手で滅ぼすほどの力を持ったパウロの「ローマ書」における「信」について独自の解釈に至ったことは幸運なことでした。

古代ギリシア語を読み指導できる研究者は国内でも数えるほど。千葉先生が「使命」と感じる理由はそこにもある。写真はアリストテレスの著作『形而上学』。左が古代ギリシア語、右がラテン語で記載されている。
千葉研究室の心得「アルケー」七カ条(千葉先生自筆)。締めくくりの言葉は「すべてのことに愛」。クリックすると大きく表示できます。

明晰な知性を磨き、
道徳的な訓練を積んで成長する

知的に優れた賢人と道徳的に優れた聖人。前者は認知能力、後者は人格的能力に卓越した人物を意味しますが、この二つの能力をあわせもつジェネラリストは果たして存在しうるのでしょうか。この長年の課題に私はこう答えようと思います。大学院の学びの中で明晰な知性を磨くことがすなわち道徳的な訓練となり、2つの能力が相互に助け合いながら人として成長していくものだ、と。私自身も自らを高ぶることなく共に古典と向き合いながら己の魂を耕していこうと思います。

(聞き手・構成 佐藤優子)

メッセージ

小生ギリシア語テクストに埋没してきましたが、2000年解けなかった「本質」と「信」についてそれぞれ独自の見解に到達しました。そうすると哲学と神学の重要問題が次から次に解けるそのような感覚のうちにすごしています。一緒に世界の最前線を切り開きましょう。

この画像のPDF

研究活動

略歴

Oxford University D.Phil

主要業績

所属学会

  • 日本西洋古典学会

教育活動

授業担当(文学部)

  • 哲学史
  • 哲学
  • 哲学演習

授業担当(文学院)

  • 古代中世哲学特殊講義、演習

授業担当(全学教育)

  • 思索と言語(「今も記憶している全学教育授業とその理由」卒業生からのコメントあり)
  • 人文科学の基礎

おすすめの本

  • アリストテレス『形而上学』、『ニコマコス倫理学』
  • アンセルムス『Cur Deus Homo』 
  • 北海道大学附属図書館Webサイトの「不朽の名著」のコーナー
    千葉惠 先生 ご推薦の図書 
  • 北海道大学附属図書館Webサイト「本は脳を育てる」(北大教員による新入生への推薦図書)のコーナー
    千葉 惠 先生 ご推薦の図書