研究と社会貢献教員一覧

小杉 康

小杉 康 教授 / KOSUGI Yasushi

所属専攻・所属講座
歴史地域文化学専攻 北方文化論講座
研究分野
考古学、物質文化論
研究内容
発現的構造と状況的機能をキーコンセプトとして、日本列島を中心とした人類文化を考古学的に研究する。
WEB site
キーワード
考古学、物質文化論
連絡先
FAX: 011-706-4000

Lab.Letters 研究室からのメッセージ

定住する狩猟採集民
サスティナブルな縄文が熱い

現在、「北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群」は世界文化遺産の登録を目指しており、世界でも「JOMON」研究への関心が高まっています。ではなぜ今、縄文が熱いのでしょうか。従来の人類史においては、狩猟採集・移住の生活から食糧生産を始める農耕・定住へ発展した、という考えた方が定説でした。ところが、縄文文化は"定住する狩猟採集民"という独自の文化で1万数千年も継続した文化であることが明らかになってきました。この従来の枠組みにおさまらない、サスティナブルな豊かさを内包する縄文文化が、現代の我々にさまざまな示唆を与えてくれるのではないか、と期待されているのです。

  • 礼文華遺跡(豊浦町)の考古学実習(発掘調査)風景。
  • 自分たちで作った土器を焼成する実験考古学の授業。

エコミュージアムの実践
人類史的時間感覚を養う

本講座では考古学実習として人類遺跡の発掘調査を実施しています。噴火湾北岸域を中心として2000年からは有珠6遺跡(伊達市)で、2006年からは小幌洞窟遺跡(豊浦町)、2012年からは礼文華遺跡(豊浦町)で、夏休みの期間を利用してフィールドワークを続けています。2009年にはこれらの遺跡をサテライトとする「噴火湾北岸縄文エコミュージアム」を開設しました。また、北大キャンパスの地下には続縄文・擦文文化の遺跡が広がっています。それらを人類遺跡トレールとして整備して、キャンパス・エコミュージアムの実現に向けた活動を、北大埋蔵文化財調査センターと連携して行っています。こうした千や万をもって年数を数える人類史の時間に触れる実習は"日常的には体感できない時間感覚"を養う場でもあり、その感覚をもって社会に貢献できるような学生を輩出できたら、と考えています。
(聞き手・構成 佐藤優子)

<メッセージ>
人類とは何ものなのか?どこから来て、どこに行こうとしているのか?こんな問いかけを、観念的な問いかけとしてではなくて、実際の資料(遺跡や遺物)に即しながら勉強し、研究する分野があります。考古学です。考古学に関係した職業に就こうとしている人も、そうでない方も、こんな問いかけに真剣に取り組むことができるのも、長い?or短い?人生のうちの学部の4年間あるいは大学院修士の2年間、このチャンスをおいて他にはあまりないでしょう。
 私は考古学でも特に縄文文化の研究を専門にしています。同じくらいの古さなのに、なぜ、黄河文明やエジプト文明の研究をしないのですか、とよくたずねられます。答えは「縄文の研究が面白い」からです。おそらくは皆さんがこれまでに勉強してきた定説となっている人類の歴史に対して、縄文文化の研究は人類文化の多様性を明らかにし、人類史の新たな可能性を示してくれるはずです。大切なのは「○○文明が進んでいる」とか「△△文明が高度である」ということではなくて、人類文化がいかに多様であり、それが歴史という一回性、かけがいのないものとして登場してきたことを明らかにすること、知ることなのです。「われわれはもう遠くまで来てしまった。だが、もっと遠くまでいくのだ・・・(トリアッティ風に:考古学者小野昭)」

研究活動

略歴
埼玉県秩父高校卒、明治大学文学部卒、同大学院文学研究科(史学専攻考古学専修)博士後期課程退学、日本学術振興会特別研究員、国立歴史民俗博物館外来研究員、明治大学文学部助手を経て現職
主要業績
『縄文のマツリと暮らし』(岩波書店)
『心と形の考古学』編著(同成社)
『縄文時代の考古学(全12巻)』編(同成社)
『はじめて学ぶ考古学』佐々木憲一、小杉康(ほか)著(有斐閣)
所属学会
日本考古学協会、日本文化財科学会、考古学研究会、日本旧石器学会、北海道考古学会、岩手県考古学会
関連サイト
講座
北大研究者総覧
researchmap

教育活動

担当授業(大学院)
考古学特別演習、北方文化論特殊講義、北方文化論特別実習、博物館学特別講義
担当授業(文学部)
考古学概論、北方文化論概論、考古学、考古学演習、考古学実習
担当授業(全学教育)
歴史の視座、フィールド体験型プログラム
おすすめの本
縄文人は生きている』戸沢充則編(新泉社)
『縄文人の世界』梅原猛編(角川書店)
『縄文社会論』安斎正人(同成社)
『現代の考古学6村落と社会の考古学』高橋龍三郎(朝倉書店)
Page top