研究と社会貢献人間システム科学専攻

地域システム科学講座

講座の特色

地域システム科学講座では、現代社会が抱える多様な問題について、人間社会と自然環境の両面から総合的に研究を進めています。地域社会学・人文地理学・社会生態学という分野を基軸として、「地域の視点」に立った現場での調査を実施し、互いに議論を交わすなかで、「地域」の理解と考察を深めます。

研究テーマは、まちづくり、災害、交通、人口移動、環境問題、自然保護、発展途上国の問題、といった様々なテーマに及んでいます。学生は、教員と相談の上で各自の関心を発展させてそれぞれの研究テーマを設定します。自分で問題を発見し、自分で調べ、解決策を探ることは、困難ですがやりがいがあり、かつ社会で必要とされる能力です。

本講座では、各分野の基礎的理論からフィールドワーク技法、分析法、実社会への応用までを、野外実習を交えながらマン・ツー・マンで指導します。あなたも複雑な社会問題に多角的に切り込んでみませんか。

教員リスト

氏名

職名

研究分野

池田 透

教授

保全生態学、野生動物管理学、社会生態学、外来種管理問題

橋本 雄一

教授

都市地理学、地理情報科学(GIS)

宮内 泰介

教授

環境社会学、地域社会学、開発社会学

笹岡 正俊

准教授

環境社会学、ポリティカル・エコロジー論、インドネシア地域研究

仁平 尊明

准教授

人文地理学、農業地理学、地誌学

立澤 史郎

助教

保全生態学、環境教育論、シベリア地域研究

教員紹介

地理空間情報から暮らしを知る 大都市圏の時空間構造を明らかに
人間システム科学専攻 橋本 雄一 教授

地理学と聞くと苦手意識を持つ方もいるかもしれませんが、その実体は私たちが住まう地域や暮らしを見つめる身近な学問であるということに気づいているでしょうか。例えば東京を考えると、あれだけ人口が密集している...

もっと読む

北の大地の「保全生態学」案内人 国際シンポジウムを成功に導く
人間システム科学専攻 池田 透 教授

保全生態学とは、自然科学と人文・社会科学を融合した学問です。「北海道のアライグマ」のような、その地域固有の生態系を乱す外来種問題の調査研究と対策に取り組んでいます。外来種問題には我々人間の感情が大きく...

もっと読む

西洋型「生物多様性保全」と 熱帯に息づく「在来知」の間で
人間システム科学専攻 笹岡 正俊 准教授

 グローバル社会の財産であるインドネシアの熱帯雨林では、アブラヤシ農園開発などにより急速に進む環境破壊を前にして「生物多様性保全」や「希少種保護」を掲げるさまざまな政策が行われています。その一方で、現...

もっと読む

フィールドの聞き取りで知る 「小さな社会」を掘り起こす
人間システム科学専攻 宮内 泰介 教授

環境社会学は水俣病に端を発した社会学の一分野です。従来の自然科学的なアプローチにとどまらず、社会の仕組みから環境を考えていく。中でも、地域社会で暮らす生活者の視点を持つことが大きな意味を持っています。...

もっと読む

第一次産業が描く車窓の風景 肉声をすくいあげる研究論文を
人間システム科学専攻 仁平 尊明 准教授

 旅好きが高じて地理学を始めた私の目をさらに農業へと向けさせたきっかけは、移動中に見かける車窓の風景でした。窓の外には野菜や小麦などその土地固有の田畑が広がり、土地を移ればその景色も変わってきます。農...

もっと読む

実学重視の伝統に見守られ 野生動物の生態を追う
人間システム科学専攻 立澤 史郎 助教

 文学研究科・文学部の中で野生動物の生態を研究していると聞けば、大半の方が驚くことでしょう。ですが、生物多様性やいわゆる獣害問題は人間社会の問題であり、人文科学の研究者が関わるべき重要課題です。地域社...

もっと読む

大学院 担当専修

文学部 担当コース

講座の一年

<学部・大学院共通行事>
・オリエンテーション(4月)
・新歓コンパ(4月)
・新歓合宿(北大静内研究牧場)(4月)
・卒業祝賀会(3月)
<学部生対象行事>
・卒論中間発表会(7月,10月)
・卒論最終発表会(1月)
<大学院生対象行事>
・修論中間発表会(7月,10月)
・修論最終発表会(1月)

Page top