研究と社会貢献歴史地域文化学専攻

スラブ社会文化論講座

講座の特色

スラブ社会文化論講座は、旧ソ連・東欧諸地域に関する全国的・世界的な共同研究拠点である北大スラブ研究センターの教員が構成する講座です。研究対象は、分野的には歴史、政治、経済、民族、国際関係、文学・文化、言語など、地域的にはロシア(シベリア・極東を含む)、中央アジア、カフカス、東中欧、バルカンなどです。近年の研究テーマは、社会主義体制崩壊後の政治・経済の変動、グローバル化と地域社会、帝国論の視点からの歴史・文化の再解釈、ロシアと中国・インド・トルコの比較、環境問題など、広い範囲に及んでいます。

スラブ社会文化論専修では、旧ソ連・東欧関連で日本随一の蔵書をはじめ、センターが持つさまざまなリソースを利用して勉強することができます。国際シンポジウムなどの各種研究会に参加し、国内外の研究者や他大学の院生と交流する機会が豊富にあります。院生が企画する研究会も随時開かれます。留学や現地調査に行く院生も多く、自由な雰囲気の中で切磋琢磨しています。

教員リスト

氏名

職名

研究分野

家田 修

特任教授

ハンガリー社会論、ロシア東欧社会経済史

岩下 明裕

教授

ロシア・CIS外交、境界研究

宇山 智彦

教授

中央アジア近代史・現代政治、比較帝国史

ウルフ・ディビッド

教授

ロシア史、冷戦史

仙石 学

教授

中東欧比較政治、政治経済学、福祉政治

田畑 伸一郎

教授

スラブ・ユーラシア経済、比較経済体制論、北極域研究

山村 理人

教授

スラブ・ユーラシア経済論、農業問題

越野 剛

准教授

ロシア文学・ベラルーシ文学

長縄 宣博

准教授

旧ソ連地域のイスラーム、ロシア近現代史

野町 素己

准教授

言語学、スラブ言語学

教員紹介

国境問題の解決を目指し ボーダースタディーズを先導
歴史地域文化学専攻 岩下 明裕 教授

 地球上に我々人類が引いた「国境」には、政治、経済、外交などの国際関係から国境地帯に暮らす住民の日常までさまざまな問題が関わっています。国境線をどこに引くのか、日々の国境線管理をどうするのか。こうした...

もっと読む

アジアとヨーロッパを結ぶ 多様な文化の地、中央アジア
歴史地域文化学専攻 宇山 智彦 教授

 中央アジア研究の魅力を一言で表すと「多様な文化」を内包する点にあります。定住民と遊牧民が混在する歴史に共産圏を築いたロシアの文化が加わり、その一方でイスラームを中心とするさまざまな宗教・民族意識も交...

もっと読む

図像や芸術作品から読み解く 戦争や災害の記憶
歴史地域文化学専攻 越野 剛 准教授

 19世初頭のナポレオン戦争と第二次世界大戦における対ナチスドイツ戦。二つの戦争がロシアでは共に「祖国戦争」と呼ばれ、その記憶は重ね合わせられています。例えば"農民女性が敵兵を捕虜にする"という同じ構...

もっと読む

今、地域研究者の使命として 「一緒に考えましょう」講座
歴史地域文化学専攻 家田 修 特任教授

2010年10月に私の専門であるハンガリーで国全体を震撼させる産業廃棄物の流出事故が起きました。国際河川であるドナウ川の大量汚染に緊張感が走り、非常事態宣言が発動されました。こうした有事に社会がどう対...

もっと読む

世界最大の国家ロシアの歴史
歴史地域文化学専攻 ウルフ・ディビッド 教授

スラブ研究センターではロシア史を担当しています。ロシアは何世紀にもわたりユーラシア北方全域に影響を及ぼし、支配を広げた強国です。そのため、ロシア史の講義ではスラブ民族が住むユーラシア大陸の広範な地域を...

もっと読む

エネルギー大国ロシアはいま 経済事情を統計データで分析
歴史地域文化学専攻 田畑 伸一郎 教授

ソ連崩壊後20年が過ぎた今、ロシア極東はアジア・太平洋地域に対する重要なエネルギー供給源として存在感を増してきました。ロシアの石油とガスは生産量・輸出量いずれも世界第1位か第2位。編著『石油・ガスとロ...

もっと読む

ロシアの理解に豊かさを与える イスラーム教徒タタール人
歴史地域文化学専攻 長縄 宣博 准教授

2001年9月11日、ロシアのタタルスタン共和国の首都カザンでアメリカ同時多発テロ事件を知った私は、ロシアのイスラーム社会の内側から世界を眺めることの面白さを知りました。それを大きな契機に、世界秩序、...

もっと読む

言語の接触から生まれる 多様な言語構造の変化に着目
歴史地域文化学専攻 野町 素己 准教授

 「文化のモザイク」と呼ばれる東南ヨーロッパでは政治や社会の変動にともない様々な言語が接触し、多様な言語構造の変化を繰り返してきました。例えば、セルビア語は方言差が大きく、同じ国内でも時に違う言語と思...

もっと読む

地域研究と農業経済学の複眼で 旧ソ連地域の農業問題を解明
歴史地域文化学専攻 山村 理人 教授

農業・農村の研究は、地理・空間的要素、歴史的・制度的条件と深く結びついた分野であり、現地における実態調査が重要な手法となります。特に、社会主義時代に「集団化農業」という特異な制度を築いた旧ソ連・東欧地...

もっと読む

福祉と経済を軸に 新興民主主義国の独自性を探る
歴史地域文化学専攻 仙石 学 教授

 1974年に独裁体制が崩壊したポルトガルから始まった民主主義の「第三の波」は世界を席巻し、東欧諸国など多数の新興民主主義国が誕生しました。一口に新興民主主義国といっても、各国における経済と福祉の政策...

もっと読む

大学院 担当専修

文学部 担当コース

なし

講座の一年

<大学院生対象行事>
・新入生歓迎パーティ(4月)
・ジンギスカンパーティ(6月)
・年末(クリスマス)パーティ(12月)
・送別パーティ(3月)
・博士論文審査公開口頭試問(随時)

Page top