News&Topics(ニュース&トピックス)教務情報 国際交流 

  1. トップ>
  2. News&Topics(ニュース&トピックス)教務情報
  3. <Hokkaido Summer Institute 2018>「文化心理学の最前線2018」が開催されました/Cultural Psychology, Frontiers in Cultural Psychology 2018 was held

掲載日:2018年08月07日

<Hokkaido Summer Institute 2018>「文化心理学の最前線2018」が開催されました/Cultural Psychology, Frontiers in Cultural Psychology 2018 was held

7月11日〜13日の3日間、Hokkaido Summer Institute (HSI) 2018 / 北海道サマーインスティテュート2018 開講科目のひとつ、Cultural Psychology, Frontiers in Cultural Psychology 2018(文化心理学の最前線2018)が開催されました。

学内外より24名が参加しました。

このプログラムは、カナダ・アルバータ大学から文化心理学のトップランナー増田貴彦先生をお招きして、文学研究科行動システム科学講座の結城雅樹先生と協働しておこなう、文化心理学の最前線が学べる集中講義で、今年で開講4年目になります。

多くの実例とジョークを交えて講義する増田先生

北米文化圏の人びとの行動様式が、日本人のそれとどのように異なり、そうした違いの背景には、どのようなこころのメカニズムがはたらいているのか、また、そうした違いを克服し、異文化コミュニケーション技術を磨くにはどのような能力が必要なのかを、数々の事例とディスカッションを交えて、最新の知見を学べる密度の濃い授業です。

この授業には、ウィスコンシン大学グリーンベイ校の先崎沙和先生およびアルバータ大学で増田先生の指導を受けている学生2名が、ティーチングアシスタントとして参加しました。3名は、受講生のグループ・ディスカッションに加わって、議論のファシリテーションを行い、学生達のプレゼンテーション準備のサポートを行いました。

今年の講義の目玉企画は学生さん達のプレゼンテーション演習です。日本と海外のCMを比較して、それぞれの違いについて紹介し、それを文化心理学的観点から解説するというものです。各グループのユニークなプレゼンテーションに対して、増田先生も予想以上の手応えを感じておられました。

各自で探してきたインターネット上のCM動画をグループで共有し、
ディスカッションを深めていきます

ビールのCM。日本のCMは仲間で飲み会のシーン、一方で、
アメリカのCMは、賞品を映像と音でリズミカルに効果的に映す。

同じスポーツメーカのCMでも日本と海外は異なる。
集団で走る日本と個で戦う欧米。

タバコの危険性を伝える啓発ポスター。カナダは「自分自身の」健康へのリスクを、
日本は歩きタバコによる「他の人への」リスクを訴える。

増田先生の研究室出身の先崎先生による、異文化への適応についての講義。
授業外の時間帯は、受講生からの留学相談にも対応され、
海外を目指す北大生の背中の後押しをしていただきました。

3日間、15コマという非常にタイトなスケジュールではありましたが、受講生の満足度は高く「たくさんの国から来た学生と議論をかわせて、内容も非常に面白く参加できてよかった」「スケジュールは厳しかったが、参加する価値があった」「先生方やスタッフの皆さんがとても親切だった」といった感想が寄せられました。

最新記事

Page top