News&Topics(ニュース&トピックス)教務情報 国際交流 

  1. トップ>
  2. News&Topics(ニュース&トピックス)教務情報
  3. <Hokkaido サマーインスティテュート2017>「パシフィック・ミュージック・フェスティバル2017」開催レポート

掲載日:2017年08月18日

<Hokkaido サマーインスティテュート2017>「パシフィック・ミュージック・フェスティバル2017」開催レポート

7月18日から25日の8日間にわたり、Hokkaido Summer Institute (HSI) 2017 / 北海道サマーインスティテュート2017 開講科目のひとつ、Pacific Music Festival 2017: Art, Politics, and Economy(パシフィック・ミュージック・フェスティバル2017:芸術、政治、経済)が開催されました。

このプログラムは、一昨年、昨年に引き続き、ハワイ大学マノア校から吉原真里先生、東京大学から矢口祐人先生というお二人のアメリカ文化研究のトップランナーをお招きして、文学研究科西洋文学講座の瀬名波栄潤先生と協働しておこなわれた授業です。札幌を舞台に繰り広げられている国際教育音楽祭パシフィック・ミュージック・フェスティバル(PMF)を軸に、芸術・政治・経済の文化研究について学びます。

この授業の大きな特徴は、アイヌ民族博物館やPMFという北海道の教育資源と連携して、教育を実施することにあります。北海道大学での座学講義に加え、白老のアイヌ民族博物館へのフィールドトリップおよび札幌コンサートホールKitaraでのコンサート鑑賞と教育セミナー参加、アカデミー生へのインタビュー、締めくくりには論文指導講義など、非常に盛りだくさんのプログラムでした。

授業のもう一つの大きな特徴は、第1期PMFアカデミー生であり、現在はPMF組織委員会で活躍中の芝木謙子氏を講師にお迎えして授業を担当していただく一方で、吉原先生がPMF教育セミナーで首席指揮者の準・メルクル氏と対話を行い、PMFと北海道大学が相互に連携したプログラムになっていることです。

授業の詳細レポートは、北海道大学英語サイトにて紹介されています。

HSI Report: Pacific Music Festival 2017 – Art, Politics and Economy

最新記事

Page top