大学院文学研究科専攻・専修紹介

思想文化学専攻/哲学倫理学専修

  1. トップ>
  2. 大学院文学研究科>
  3. 専攻・専修紹介>
  4. 思想文化学専攻/哲学倫理学専修

専修紹介

哲学倫理学専修では、古代ギリシャ以来の西洋哲学、倫理学の原典研究と、存在論、認識論、言語哲学、論理学、規範倫理学、メタ倫理学、社会哲学の現代的理論、さらに応用倫理学諸分野の研究と教育を行っています。

対応講座・教員

哲学講座

倫理学講座

主な講義題目

  • アリストテレスの様相存在論
  • 現象学と心の諸問題
  • 意味論研究
  • 動的認識論理とその応用
  • パーフィットと人格の同一性
  • 善の超越性
  • 性差研究入門
  • ヌスバウム:正義のフロンティア
  • 様相論理入門
  • 論理学入門
  • アリストテレス『形而上学』講読
  • フッサール:経験と判断
  • 論理哲学文献講読
  • 現代哲学英語文献講読
  • 哲学・倫理学発表演習
  • J.Rawls: A Theory of Justice
  • Louis Lavelle, L'erreur de Narcisse
  • キケロ講読
  • 倫理学史研究文献講読
  • ジェンダー・セクシュアリティ研究文献講読
  • 気候変動と環境倫理:Perfect Moral Storm

主な修士論文題目

  • 抜き打ちテストのパラドックスについて
  • 『論理哲学論考』における言語の限界について
  • プラトン『ティマイオス』における無秩序な動について
  • プラグマティズムの倫理学
  • 道徳的衝突と選言説
  • 物語概念の倫理的可能性について
  • 『人倫の形而上学』「徳論」に基づくカント倫理学の再構成
  • 『懺悔道としての哲学』における救済概念

主な博士論文題目

  • アリストテレス『トピカ』A巻における弁証術研究
  • 初期ルカーチにおける内在と超越の問題-ハイデルベルク美学論稿研究序説-
  • 初等トポス理論の射程:集合・圏・論理
  • Max Weberと科学:価値自由と合理性の世界観
Page top