文学部履修コース紹介

人間システム科学コース

  1. トップ>
  2. 文学部>
  3. 履修コース紹介>
  4. 人間システム科学コース

コース紹介

人間の行動や社会のしくみを解き明かす

人間の行動や社会の仕組みを、収集したデータの分析に基づき、実証的視点から理解することを目的としています。心理学、社会心理学、社会学、社会生態学、地理学などに関連する多彩な科目が用意されているほか、実験、調査、研究方法などは必修となっており、社会と心の実態に迫るための手法を身につけます。

担当講座

講座名

心理システム科学講座  行動システム科学講座  社会システム科学講座  地域システム科学講座

研究分野

音楽心理学(期待、発達、初見視奏、コミュニケーション)、認知心理学(特に色彩と映像に関わる領域)、視覚心理学、時間心理学、心理物理学、発達神経行動毒性学、認知神経科学(特に運動学習や社会認知)、認知行動心理学(注意、記憶、魅力、ストレス、産業応用)、認知心理学(人間のクロスモダルな情報処理過程)、社会心理学、文化心理学、環境社会心理学、リスクガバナンス、行動科学、神経経済学、比較認知科学、適応的意思決定、文化進化論、応用統計学、宗教・文化社会学、タイ地域研究、東アジア宗教研究、社会学(特に教育、家族、社会階層)、比較雇用関係論、経済と組織、ジェンダー、国際社会学、政治社会学、リスク社会、社会関係資本、幸福度、国際比較、保全生態学、野生動物管理学、社会生態学、都市地理学、地理情報科学(GIS)、環境社会学、地域社会学、開発社会学、ポリティカル・エコロジー論、インドネシア地域研究、人文地理学、農業地理学、地誌学、環境教育論、シベリア地域研究

研究キーワード

音楽コミュニケーション、音楽的発達、音楽のアフォーダンス、色彩、情景、熟達、時空間解像度、視覚心理学、時間心理学、心理物理学、環境化学物質、動物実験、行動分析、脳機能、運動学習、身体像、社会認知、脳機能イメージング、注意と記憶の心理学、魅力評価、疲労・ストレス、認知心理学(人間のクロスモダルな情報処理過程)、文化、適応、集団、対人関係、自己、社会的ジレンマ、手続き的公正、信頼、リスクガバナンス、環境配慮行動、神経経済学、意思決定、行動経済学、脳、ホルモン、社会学的社会心理学、集団過程、合理的選択、適応論的アプローチ、動物、協力、感情、コミュニケーション、協力、社会的学習、遺伝子と文化の共進化、応用統計学、日韓宗教文化交流、カルト問題、宗教の社会貢献、地域開発、社会資本、学歴社会、社会階層・階級、就職、きょうだい数、社会調査、正規・非正規雇用、成果主義、移動レジーム、男性性、比較社会変動、国際社会学、政治社会学、格差社会、社会意識、孤立感、幸福度、社会関係資本、外来種、保全生態学、Wildlife management、Sustainable use、フィールドワーク、地理学、地理空間情報、GIS、都市構造、生活環境、地域社会、コモンズ、自然環境、環境ガバナンス、まちづくり、災害・復興、発展途上国、途上国の環境・資源問題、環境的公正、生物資源の協働管理、野生動物と地域社会の関係、経済地理学、農村地理学、北海道、北アメリカ、南アメリカ、野生動物、獣害、軋轢、市民調査

文学部案内掲載情報

(文学部案内抜粋PDF)

 

Page top