Event(イベント情報)読書会 

  1. トップ>
  2. Event(イベント情報)>
  3. 「プラス1ピースの読書会」第10回『ふたつの憲法と日本人』(川口 暁弘 著)

掲載日:2018年09月28日

「プラス1ピースの読書会」第10回『ふたつの憲法と日本人』(川口 暁弘 著)

イベント開催日:2018年10月22日

Vol.10『ふたつの憲法と日本人 ー戦前・戦後の憲法観ー 』

日時:2018年10月22日(月) 12:20〜12:45
    ※12:45から約5分程度、自由な質疑応答時間を設けます。

場所:北海道大学文学研究科「書香の森」(玄関ホール横)

著者・おはなし:川口 暁弘 先生(日本史学講座 准教授)

 

一度も、一文字も改正されなかった憲法

明治以降の日本に存在するふたつの憲法の不思議 !? 大日本帝国憲法は 57 年、日本国憲法は 70 年以上もの間、一度も、一文字も改正されていません。これは世界の中でもたいへん珍しい特色です。なぜ日本の憲法は、改正されてこなかったのでしょうか。

本書は、「不磨ノ大典」として与えられた大日本帝国憲法と戦前の改憲論について、また、戦後の日本国憲法の革新護憲・保守改憲・解釈改憲の歴史から、日本人が憲法とどのようにつき合ってきたのか、その憲法観に迫ります。

明治の初めから現代まで、そしてこれから、私たちは憲法とどのように向き合い、判断し行動していくのか、未来をも見据えて、憲法について川口先生と一緒に考えてみませんか。

 

1piece今回のプラス1ピースは?

赤プリ

斬新な解体工事の様式が話題になった都内某ホテル。この本の出版社、吉川弘文館はそのすぐ近くにあります。出版社からの帰り道、解体工事を見ながら川口先生が考えたことは…。そしてその顛末は…。

 

◎今回紹介する本の詳細はこちら
「プラス1ピースの読書会」とは
◎川口暁弘先生の研究者ページはこちら

お問い合わせ:文学研究科・研究推進室 011-706-4083 kenkyu*let.hokudai.ac.jp

最新記事

Page top