• 2017.06.23

悩める人間

人文学の処方箋

著者名: 仁平尊明(編)、宮嶋俊一、北村清彦、小倉真紀子、権錫永、竹内康浩、後藤康文、近藤浩之、河原純一郎、櫻井義秀
文学研究科教員:
<主要目次紹介>
はしがき
第一章 宗教は悩みにどう向き合うか〔宮嶋俊一〕
第二章 作家(アーティスト)はつらいよ〔北村清彦〕
第三章 平安文人官僚の切なる昇進の願い
    ―小野道風と菅原文時〔小倉真紀子〕
第四章 新しい社会原理の模索
    ―三木清と国体イデオロギーの接点〔権錫永〕
第五章 書くべきか、書かざるべきか
    ―マーク・トウェインの悩み〔竹内康浩〕
第六章 僥倖がもたらした苦悩と絶望
    ―竹取の翁の人生を考える〔後藤康文〕
第七章 是か非か、悩んだ果てに
    ―荘子の悩み〔近藤浩之〕
第八章 思考抑制
    ―忘れようとすると逆効果〔河原純一郎〕
第九章 学生相談に見る現代若者の悩み〔櫻井義秀〕
あとがき

内容紹介

世に悩みの種はつきものです。一挙解消の妙薬は処方できませんが、古今東西の文学や思想、歴史、社会科学の最新知見から、文学部の講師陣が《悩める人間》というテーマにせまります。悩みについて知れば、人生を豊かにするヒントが見つかるかも。

(文学研究科ライブラリ15)

著者からのコメント

経済的な苦しさ、人に認められない辛さ、愛する人との別れ、体や心の不調など、人生に悩みは尽きません。しかし、誰の心にも悩みは生まれてくるものです。本書を読み返してみますと、悩む心は創造する力の源になっていて、その結果、私たちの社会を豊かにしているように思います。
 本書は、北海道大学大学院・文学研究科で平成28年度に開催された公開講座「悩める人間 ―人文学で四苦八苦(シックハック)―」をまとめたものです。公開講座では、一回ごとに講師が入れ替わって、様々な話題が提供されました。各回の講師が本書の執筆者となっています。
(あとがきより抜粋)