研究と社会貢献思想文化学専攻

哲学講座

講座の特色

哲学講座と倫理学講座では、ギリシア哲学から現代の応用倫理学まで広く学ぶことができ、また各自の関心にあわせて研究テーマを選ぶことができます。学生の研究会や読書会も数多くあります。学部生が参加すれば、大学院生は初歩の語学から喜んで教えてくれます。

人生の謎について悩み、「なぜ」という問いを徹底して追求する時間をもつことは、学生の最大の特権です。古代ギリシア以来2500年の叡知を学ぶことは、それ自体が、かけがえのない人生の宝となります。現代社会の抱える諸問題に切り込みたいと思ったならば、応用倫理学を学びましょう。本研究科には国立大学で唯一の「応用倫理研究教育センター」があり、他の研究科とも学際的に連携しながらさまざまな活動を行っています。海外の研究者と交流する機会も数多くあります。

哲学や倫理学の武器は「言葉」です。「概念」と「論理」です。哲学者たちの言葉に学び、現代の問題を考える。このことを通じて「自分自身を知る」。「知を愛すること」を学ぶことは「人生の技法」を学ぶことだという哲人の教えが、私たちの研究室には生きています。

→哲学・倫理学研究室のウェブサイトはこちら

教員リスト

氏名

職名

研究分野

千葉 惠

教授

ギリシア哲学、信の哲学

山田 友幸

教授

言語哲学、心の哲学、行為の哲学

佐野 勝彦

准教授

 論理学

野村 恭史

助教

現代分析哲学

教員紹介

古代ギリシア語で綴られた “人文学の宝”による魂の探求へ
思想文化学専攻 千葉 惠 教授

 ヨーロッパの基礎を作った人文学とは、「魂を耕す」学問です。人間の魂は非常に堅固な構造でできており、誠実に探求し観察していけば誰もが同意に至る真理に到達することができるそのような堅固な学問であると信じ...

もっと読む

約束や命令の発語内行為に 動的様相論理でアプローチ
思想文化学専攻 山田 友幸 教授

私の研究のキーワードは「発語内行為」です。「いついつまでにこれをします」という約束や「〜しなさい」という指令、あるいは「〜である」という主張など様々な種類に分類される発語内行為は、私たちの日常生活でも...

もっと読む

どこにもラベル付けできない 知のカオスが生む深遠な営み
思想文化学専攻 野村 恭史 助教

ウィトゲンシュタインの『論理哲学論考』は、こんな一文から始まります。「世界とは成り立っていることのすべてである」。一体何のことだと思う人もいれば、この単純にして深遠な命題にとらわれていく人もいるでしょ...

もっと読む

□と◇の多彩な組み合わせで 世界を表現する様相論理
思想文化学専攻 佐野 勝彦 准教授

 賢人アリストテレスから始まる論理学とは、世界を正しくかつあますところなく記述するために、「特定の内容に拠らずつねに成立する論理学的真理」を追究する学問のことです。さまざまな先人たちが独自のアプローチ...

もっと読む

大学院 担当専修

文学部 担当コース

講座の一年

<学部・大学院共通行事>
・研究室ジンパ(5月または6月)
・卒論・修論発表会(2月)
・追い出しコンパ(2月)
<学部生対象行事>
・新歓コンパ(4月)
・卒論中間発表会(4月・10月)
・卒業論文提出慰労コンパ(12月)
<大学院生対象行事>
・院生合宿(院生の自主企画)(9月)
・北日本哲学会(東北大哲学倫理学研究室との合同研究会)(1月)
※備考:
上記の行事は哲学講座・倫理学講座合同で行っています。
学生主体の読書会・研究会は多数。教員が中心になっている研究会・セミナーも複数あります。
コンパは修論提出後等にも適宜行われています。
他に学部生対象の自主的な合宿も実施されています。

Page top