研究と社会貢献言語文学専攻

中国文化論講座

講座の特色

中国文化論講座は、中国思想、中国語学、中国文学を専門とする教員で構成されています。思想分野では、経学・諸子学・朱子学・陽明学・考証学・日本漢学等について、中国語学分野では、歴史文法・現代文法・語彙史・音韻学・古代方言等について、また中国文学分野では、小説・詩文・演劇・図像・アニメ等について、学習・研究することができます。

学生たちの研究テーマも、中国および漢字文化圏に関する幅広いジャンルにわたっており、学生諸君が意欲的に取り組むのであれば、教員一同、いかに支離滅裂と思われるテーマにも、真摯におつきあいする覚悟はできています。なんらかの興味・関心を抱いたら、各教員の研究室、あるいは中国文化論の研究室に、遊びに来てください。多くの学生は、中国・台湾への短期・長期の留学を体験しています。また本講座には、中国からの留学生も多く、相互に生の異文化に触れあい、学びあうことができます。

教員リスト

氏名

職名

研究分野

近藤 浩之

教授

中国古代思想、易学思想史

佐藤 錬太郎

特任教授

中国近世思想(朱子学、陽明学、禅)、日本近世思想(武道伝書)

武田 雅哉

教授

中国文化、文学、芸術

弓巾 和順

教授

中国古代学術思想

松江 崇

准教授

中国語学

教員紹介

尊敬する人物は「猪八戒」 自分と違うものを知る入口に
言語文学専攻 武田 雅哉 教授

もとは黄河の源流を追うことから始まった私の中国文学研究も気がつけば、本国では「これが研究テーマになるの?」と驚かれるようなジャンル―漫画やポスター、幻想科学、乳房文化、女装・男装などの異装史などのただ...

もっと読む

社会の混乱期に現れる陽明学 自分の判断で民衆を救済せよ
言語文学専攻 佐藤 錬太郎 特任教授

 元・明・清の三王朝八百年の長きに渉り、中国で官僚選抜の基準とされた朱子学は、人々の行動規範となる礼法や忠孝を重んじる思想です。日本でも江戸時代に官学となりました。礼法や君臣道徳をもって社会の安定に寄...

もっと読む

師の遺志を受け継ぎ、足かけ8年 学びの絆で易学の大著を完成
言語文学専攻 近藤 浩之 教授

 古代ギリシア哲学が成熟を迎えたヘレニズム時代には、ストア派に代表される様々な学派がしのぎを削り、白熱した議論が展開されました。世界のあらゆる事象を定められたものとする<運命論>に対し、人間は<自由意...

もっと読む

「子曰わく」の読みに正解なし 注釈から知る中国思想の流れ
言語文学専攻 弓巾 和順 教授

 中国古代の思想家・孔子の言葉を記した『論語』。2千年も前から読み継がれてきた古典ですが、その読み解き方に「正解」はありません。孔子自身の言葉が簡潔であるため、学者たちは様々な孔子像を思い描き、注釈に...

もっと読む

失われた言葉に思いを馳せて 古代漢語の秘密を明らかに
言語文学専攻 松江 崇 准教授

 当研究室は中国語学研究を志す幅広い分野の学生を受け入れていますが、私自身が特に力を注いでいるのは、古代漢語の文法変化と方言研究です。古代と現代の言語では、全く同じ漢字の羅列であったとしても、その一字...

もっと読む

大学院 担当専修

文学部 担当コース

講座の一年

<学部・大学院共通行事>
・北海道中国哲学会月例会(月1回)
・北海道中国哲学会大会(年1回)
・中国語中国文学談話会(年3~5回)
・中国語中国文学茶話会(月1回)
・新入生歓迎コンパ(4月)
・卒業生・修了生祝賀会(3月)
・ジンギスカン・パーティー(7月ごろ)
・学外合宿(年2回程度)
<学部生対象行事>
・卒業論文構想発表会(年1回)
・卒業論文中間発表会(年1回)
・卒業論文発表会(年1回)
<大学院生対象行事>
・修士論文構想発表会(年1回)
・修士論文中間発表会(年1回)
・修士論文発表会(年1回)

Page top