研究と社会貢献人間システム科学専攻

行動システム科学講座

講座の特色

社会抜きに人を語ることはできず、人抜きに社会を語ることもできない。人間の心は本質的に社会的なものであり、同時に心には適応すべき社会的環境そのものを構成している。詳しくは、行動システム科学講座をご覧ください。

この「心と社会のマイクロ=マクロ・ダイナミックス」について、社会心理学を中心として、社会学・心理学・経済学・生物学などの幅広い視野から研究を行い、来るべき人間・社会統合科学の世界レベルにおける先駆けを目指している。(研究活動については、こちらを参照)

このチームの輪に加わり、一緒に研究を紡いでいくアンビシャスな学生を待ち望んでいる。

教員リスト

氏名

職名

研究分野

結城 雅樹

教授

社会心理学、文化心理学

大沼 進

准教授

環境社会心理学、リスクガバナンス

高橋 泰城

准教授

行動科学、神経経済学

髙橋 伸幸

准教授

社会心理学

瀧本 彩加

准教授

 比較認知科学

竹澤 正哲

准教授

社会心理学、適応的意思決定、文化進化論

中島 晃

助教

応用統計学

教員紹介

社会の多様性を通じて 人間の普遍性を読み取る
人間システム科学専攻 結城 雅樹 教授

我々人間には多様な社会を作り出す能力があります。例えば、北米の個人主義社会と東アジアの集団主義社会。どちらも一長一短があり、これまでにも国際比較研究が盛んに進められてきた問題ですが、私の研究目的はこう...

もっと読む

お金、サービス、愛情の交換 個人と社会の相互関係を探る
人間システム科学専攻 髙橋 伸幸 准教授

「社会的交換」とは、人間社会が資源とみなすもの----お金やサービス、情報に限らず、愛情、尊敬といった互いに価値を見出すものを交換しあうことを指しています。  小さな集団から大きな集団、親類縁者や見...

もっと読む

10年後の1個と一週間後の2個 その選択に矛盾はないですか?
人間システム科学専攻 高橋 泰城 准教授

 二択の質問です。10年後に1個のチョコをもらう選択肢Aと10年プラス1週間後に2個もらう選択肢B、どちらを選びますか。続けて第二問。今すぐ1個のチョコをもらう選択肢Cと今から1週間後に2個もらう選択...

もっと読む

ヒトだけが持つ規範と文化 進化の原理から人間社会を解体
人間システム科学専攻 竹澤 正哲 准教授

 幼稚園の"ボスママ"に悩まされていたあるお母さんたちの話です。なぜ内心望んでいないにも関わらずみんなボスママに従うべきという規範がお母さんたちの集団の中に生まれてしまったのか。一見ワイドショー的なこ...

もっと読む

ごみ処理から目指す社会像とは? 合意形成に至るプロセスを重視
人間システム科学専攻 大沼 進 准教授

 私の現在の研究キーワードは「大規模社会における協力の実現」です。札幌市のごみ有料化を例に挙げると、「有料が是か非か」だけを問うのではなく、ごみ処理を通じて目指す理想の社会像や問題意識を市民が共有でき...

もっと読む

収集した数値の山から 情報を抽出する分析法の開発
人間システム科学専攻 中島 晃 助教

 心理学や社会学、経済学をはじめとする人文・社会科学分野では、実験や調査によって収集された数値データが貴重な研究材料となります。応用統計学は、そうした数値データから有用な情報を抽出するための分析法を開...

もっと読む

化石には残らないこころ 種間比較を通してこころの進化の道筋を探る
人間システム科学専攻 瀧本 彩加 准教授

 ヒトは他者とかかわりあい、絆を築き、ときに助け合いながら暮らしています。ヒト以外の多くの動物でも同じです。では、そうした仲間とかかわり合う中で育まれるこころはどのように進化してきたのでしょうか。化石...

もっと読む

大学院 担当専修

文学部 担当コース

講座の一年

<学部・大学院共通行事>
・新歓コンパ(4月)
・卒論打ち上げ(12月)
・4年生送別会(3月)
<大学院生対象行事>
・講座全体ゼミ(毎週木曜日)

Page top