北大で学ぶ文学沿革

明治9年(1876)8月 わが国最初の高等農業教育機関である札幌農学校が開校された。
明治40年(1907)9月 札幌農学校が東北帝国大学農科大学と改称された。
大正7年(1918)4月 北海道帝国大学が設置され、東北帝国大学農科大学は北海道帝国大学農科大学となった。
昭和22年(1947)4月 北海道帝国大学に法文学部が設置され、哲学科・史学科・文学科・法律学科・政治学科・経済学科の6学科が置かれた。
昭和22年(1947)10月 北海道帝国大学が北海道大学と改称された。
昭和25年(1950)4月 法文学部が文学部と法経学部とに分離され、文学部に哲学科・史学科・文学科の3学科が置かれた。
昭和25年(1950)5月 大学院(旧制)第1回入学者が許可された。
昭和28年(1953)3月 大学院文学研究科(新制大学院)が設置された。
昭和41年(1966)4月 附属北方文化研究施設が設置された。
昭和52年(1977)4月 哲学科の一部が行動科学科に改組され、文学部は哲学科・史学科・文学科・行動科学科の4学科となった。
平成7年(1995)4月 文学部の改組によって、従来の哲学科・史学科・文学科・行動科学科の4学科は人文科学科の1学科となり、31小講座・3共通講座および附属北方文化研究施設は17大講座に統合された。
平成12年(2000)4月 大学院文学研究科が大学院講座制に移行(大学院重点化)し、従来の大学院11専攻が、思想文化学専攻・歴史地域文化学専攻・言語文学専攻・人間システム科学専攻の4大専攻となり、スラブ研究センターが協力講座として加わった。
平成19年(2007)4月 文学研究科に「応用倫理研究教育センター」が設置された。
文学研究科に「北方研究教育センター」が設置された。

北海道大学大学院文学研究科・文学部 沿革(PDF)

Page top