国際交流・留学留学生の声

  1. トップ>
  2. 国際交流・留学>
  3. 留学生の声

チェスパ・マリアンナさん イタリア 博士後期課程3年

Marianna CESPA, Italy / Doctoral Course

Marianna CESPA

You have the opportunity to study and research in a wonderful place, surrounded by nature, that is the greatness of Hokudai. An attractive point of the Faculty of Letters is the existence of a study room for graduate students, where you can meet, collaborate and discuss your research with other students who are not only from Japan, but also from other different countries. If you’re interested in Romance languages, you can learn translation from Professor Fujita.

北大の素晴らしさは、自然豊かな環境の中で、じっくりと勉強や研究に取り組めることです。院生研究室が確保されているのも文学研究科の大きな魅力。ここでは日本人だけでなく世界各国からの留学生とともに議論したり、協力したりして研究が進められます。ロマンス語を研究されている藤田先生からは、翻訳も学べます。

日本に来られたのはいつですか。

2008年に交換留学生として1年間、札幌大学に留学しました。一旦帰国して、2010年に北大文学研究科の修士課程に入学し、2012年に博士後期課程に進学しました。

現在の研究テーマを教えてください。

イタリア語と日本語との比較研究、特に、過去形について研究しています。たとえば、日本語では「〜した」「〜していた」という表現が、イタリア語では5種類の過去を表現する方法があります。そのような違いについて研究しています。

なぜ留学先を北大文学研究科にしたのですか。

小学校5年生のとき、父の仕事の関係でイランに住んでいました。現地のイタリア人学校で、日本について調べる授業がありました。一人ずつ別々のテーマについて調べたのですが、私は「日本語」について調べました。その時の先生が日本人の女性で、美しい日本の本やさまざまな日本の文化について紹介してくれました。それ以来ずっと日本に興味がありました。

イタリアではペルージャ大学で学んでいました。日本語の先生に日本への留学を勧められ、「落ち着いて勉強をするなら、札幌、北大はいいよ」と言われました。調べてみると北大文学研究科には、ロマンス語研究の藤田先生がいらっしゃることがわかり、日本語学校、札幌大学を経て憧れの北大へとやってきました。

北大文学研究科で学んでよかったことは何ですか。

藤田先生の授業はロマンス語、翻訳と幅広く、自分が今まで学んできた外国語が総合的に活かせることが、研究上の強みになっていると思います。また学びの環境としては、院生研究室が充実していて、さまざまな国籍の大学院生が集まって、常に議論をしたり情報交換をしています。仲間と協力しながらともに学ぶという経験が貴重です。

日本や札幌の暮らしはどうですか。

札幌は住みやすい街です!ほとんどの生活に必要な施設や場所へは、徒歩または自転車で行けます。自然が多く、空気もさわやかです。冬は雪が降って、勿論寒いのですが、慣れてくれば雪を楽しむことができます。とにかく最初の冬に、雪道の歩き方を学んでマスターすれば大丈夫です!

文学研究科にあってよかったと思うサポートについて

院生図書費は、研究に必要な図書が買えるのでありがたいですね。それから留学生が日本語で論文を書く場合に「日本語添削プログラム」は、とてもいいと思います。

海外から北大文学研究科を目指す人へのメッセージをお願いします。

北大の素晴らしさは、緑豊かで広々としたキャンパスです。私は研究が行き詰まった時、よく構内を散歩します。散歩しているうちに、気分転換ができて、新しいアイデアも生まれてきます。また有名な教員による、質の高い教育を受けられることも大きな魅力です。札幌という立地は、自然と都市機能がうまく融合していて、勉強にも生活にもとても恵まれた環境です。落ち着いて勉強したい人は、是非、北大をお勧めします。

(2014年2月取材)

 

リチャード・ストーンさん アメリカ合衆国 研究生→修士課程1年

Richard STONE, USA / Master’s Course

Richard STONE

Thanks to the Tutor System, I was able to write my research proposal as well as receive advice on how to write reports in Japanese. It really helped! The teachers in the Philosophy and Ethics department study a wide variety of interesting topics and there are plenty of academic presentations and research groups to participate in.

I have spent half a year as a research student and  continue into the Master’s course this year.

チューター制度のおかげで、研究計画書やレポートを書く際に論文形式の文体についてアドバイスをもらえて、とても助かりました。私の学ぶ哲学倫理学研究室では、教員の研究テーマが多彩で、多くの国際学会・研究会に参加できるチャンスがあります。半年間の研究生の後、2014年度から文学研究科の修士課程に進学しました。

日本に来られたのはいつですか。

2011年9月に沖縄の琉球大学に留学し、日本語を学びました。日本に来る前はネバダ大学で歴史を学んでいました。アメリカ史、ヨーロッパ史を学んできたので、次は東洋だな、と思って。日本語のクラスもとっていたので、留学先は日本に決めました。ところが。ネバダ州って砂漠なんですよね。だから沖縄では生まれて初めて「これが湿度というものだ!」と痛感。蒸し暑さには、ほんとにびっくりしました。その後、北大に移って研究生として半年間過ごし、修士課程を受験して2014年4月から修士課程に入学しました。

現在の研究テーマを教えて下さい。

田口先生のご指導のもと、哲学者・田辺元の思想について研究しています。

なぜ北大文学研究科に留学しようと思ったのですか。

日本で勉強しているうちに、思想についてもっと深く学びたくなりました。北大文学研究科の哲学倫理学の先生方は、テーマが多彩で思想について幅広く学べると思いました。しかも札幌は湿度が低く、気候が過ごしやすい。これは北大だな、と。

文学研究科で学んでよかったことは何ですか。

何よりも、研究のチャンスがあふれていることですね。哲学倫理学講座では、研究会や学会に参加できる機会がたくさんあります。毎年、世界的に有名な研究者が参加する国際シンポジウムを主催しているので、最先端の研究に触れることができます。自主ゼミも数多く開かれていて、どれに参加しようか迷うくらいです。私が今参加しているゼミは、英語と日本語でそれぞれ1時間半、合計3時間にわたって議論を行うものです。和気あいあいと、時には熱く議論を交わし合い、3時間は長いと感じません。

札幌の暮らしはどうですか。

まず、湿度が低いのがいいです!札幌はインフラも整備されていて、とても暮らしやすい街です。自転車さえあれば、どこでも行ける。最近は、温泉巡りに凝っています。

困ったことはありませんでしたか。

インフルエンザに罹った時はちょっと。でもカナダ人の友人が来てくれて、助けてくれました。時には、ホームシックになることも。お母さんの豆料理が懐かしくなることがあります。でもスカイプがあるので、お母さんと話をしているうちに元気になります。

あってよかったサポートについて

チューター制度のおかげで、研究計画書やレポートを書く際に論文形式の文体についてアドバイスをもらえて、とても助かりました。これは留学生の人たちに是非お勧めします。逆にあったらいいと思うサポートは、経済的サポートやアルバイト紹介などです。

海外から北大文学研究科を目指す人へのメッセージをお願いします。

総合的に見て、北大はとてもいいところです。日本に留学するなら北大がいいと思います。

(2014年2月取材)

梁樺倩さん 中国 修士課程 2年

LIANG Huaqian, China / Master’s Course

LIANG Huaqian

When I was an undergraduate student, I came to Sapporo as an exchange student and met Professor Kanazawa who studies ancient Japanese literature. I’ve became greatly interested in Japanese classical literature, and enrolled in the Graduate School of Letters. Since many foreign students study here, it’s easy to build a network of other students. What’s more, Sapporo is an excellent city where urban function and the nature are well-balanced making it easy to study.

学部生の時、交換留学生として札幌に来て、古事記を研究されている金沢先生と出会いました。これがきっかけで日本の古典に興味を持ち、再来日して文学研究科に進学しました。文学研究科は留学生が多く、ネットワークを作りやすい場所です。札幌は都市と自然のバランスがとれた、とても学びやすい街です。

日本に来られたのはいつですか。

中国では広東外語外貿大学の日本語学科で学んでいました。2010年、3年生のときに札幌大学に交換留学しました。1年後、一旦帰国して母国の大学を卒業した後、2012年9月に研究生として北大文学研究科に来ました。その後、大学院を受験して2013年4月、修士課程に入学しました。

現在の研究テーマを教えてください。

古事記と捜神記の比較を研究しています。捜神記というのは、中国の志怪小説です。

なぜ北大文学研究科に留学しようと思ったのですか。

札幌大学に交換留学していたとき、当時、同大学で教鞭をとっておられた金沢先生の授業を受けました。そこで初めて、日本の古典を知り、もっと深く学びたいと思いました。一旦帰国している間に、金沢先生は北大文学研究科に異動されたので、迷わず北大へ。半年間の研究生の後、文学研究科の日本文化論専修を受験しました。

文学研究科で学んでよかったことは何ですか。

古典の研究と言えば京都で、というイメージがあるかもしれませんが、北大は図書館がとても充実しているので、資料や史料探しには困りません。人間関係については、日本人学生が留学生だからと言って分けへだてなく、同じ仲間としてつき合ってくれるのが嬉しいです。特別扱いはしないけれど、困っている時にはみんな親切にしてくれます。

日本・札幌の暮らしはどうですか。

冬は寒いけれど、気持ちのよい寒さです。室内はしっかり暖房されているので、快適です。札幌は、都会と自然のバランスがとれていて、ほどよい都市サイズで便利だし、空気もきれいで、とても勉強しやすい環境だと思います。

困ったことはありませんでしたか。

部屋さがしはちょっと苦労しましたね。留学生用の寮に入れるのは1年間だったんです。外国人やルームシェアはNGというところもあるので。それでも探せばちゃんといいところが見つかります。留学生にとっては、日本の部屋さがしは、手続が大変で時間がかかる印象があります。

あってよかったサポートは何ですか。

チューター制度、院生図書費、それから図書館で図書や文献を取り寄せてくれるサービスはいいですね。逆にあったらいいと思うサポートは、部屋さがしなど住居に関するサポートや奨学金、学費減免などの経済的サポートでしょうか。

海外から北大文学研究科を目指す人へのメッセージをお願いします。

北大文学研究科は留学生の数がとても多いので、留学生同士のネットワークが作りやすいところです。安心して留学してきてください。留学生は、ことばや文化、経験の違いがあるので、日本人より努力しないと、学業の成果は出ません。けれども努力が大きい分、自分自身の成長も大きくなります。

(2014年2月取材)

Page top