入試情報大学院アドミッションポリシー

  1. トップ>
  2. 入試情報>
  3. 大学院アドミッションポリシー

北海道大学大学院文学研究科は,グローバル化・情報化の時代を迎え,従来の価値観に動揺を来しつつある現代にあって,そこに生きる人間と人間が創り出す社会や文化の本質を研究し,教育することを基本理念としている。

文学研究科は,この基本理念に基づいて,思想文化学,歴史地域文化学,言語文学,人間システム科学の4専門分野に分かれて研究教育を行う。各分野における専門的知識と研究方法を身に付け,社会のさまざまな領域において活躍できる人材を養成することが本研究科の教育研究目標である。

従って,本研究科は国際社会や地域社会のニーズに応えながら,思想・文化・歴史・言語・文学・人間科学の諸領域において,人間社会への知的探求を誠実に行いうる大学院生を求めている。

本研究科の修士課程・博士後期課程修了後は,大学院の学修で習得した専門的知識,判断力及び研究倫理を土台として,市民的公徳心を持った社会人として,現代社会に貢献して欲しいと考えている。

入学試験においては,専門分野の基礎的知識,論理的な思考力,語学力および豊かな表現力の有無が問われる。具体的には,修士論文(ないしそれに代わるもの)の評価,外国語試験,専門学力試験,口述試験等により実施される。

Page top